中華の足跡・改

中国から帰り、北海道に暮らしつつ、台湾とつながる生活。

マジメな話からくだらないネタまで、国籍・ジャンル・多種多様。

いざ、情報発信~!


テーマ:

真駒内南小学校の敷地内に乗り込んだのは運動会の時だったが、校舎内にまで足を踏み入れたのは今日が初めてである。

日曜日。

参観日。

つまりは日曜参観。


4年生と6年生と、二クラス見なけりゃならないところだが、2時間目と3時間目、二つの時間帯が共に参観授業になっているので、問題なし。

よかったよかった。

ま、そこまでして授業参観したいかと言われると、さてどうなんだろうか。

少なくとも、一度は参加しておきたいイベントではある。


2時間目は、9時35分からの45分間。

まずはレイの方、6年1組に行ってみた。

思ったよりも、父兄の数が少ない。

後でわかったのだが、子供が一人だけの場合は3時間目を見に来る親が多いようだ。


少ないも何も、授業開始時点で、クラスに入った親は俺ともう一人だけ。

(ちなみに相方は、午後からのバザーの準備だとかで、参観はパス)

真ん中の方へどうぞ、と担任の先生が言うものだから、のこのこ後方中央まで行ったものの、もう一人の誰かのお母さんは控えめに出入り口付近にひっそりと陣取ったものだから、どうも俺一人が目立つことこの上ない。

なんだかいろんな視線を感じるような気がする。

とはいえ、所詮は相手は小学生。

なんということもないのだが。


科目は、図工。

「動かそう 夢のステージ」というタイトルである。

それぞれ、画用紙を好きなように切って組み合わせてあちこちピンで留めて、ちょこちょこと動かせるものを準備してあり、それを今日、壇上で芝居っぽく紹介するというものらしい。

小学校レベルだと、個々のセンスが思いっきり問われることになる。

ちゃんとできてる人と、グダグダな人との差が激しい。

きちんと作れているのに、発表がとことん苦手なせいで結局なんだかわからない人もいる。

で、レイはというと。

公平に見て、作った作品は悪くはないのだが、イマイチ面白みに欠ける。

おまけに発表がいやに早口だったものだから、あっさりと流れの中に埋没してしまったような印象である。

あれで本人は目立ちたがり屋の面があるんだが、もうちょいとセンスを磨かないとならんなぁ・・・。


さて3時間目は、ムウのクラス、4年1組へ。

今度は国語。

「同音異義語」の勉強である。

この時間は、親も多い。

教室の後ろに、ずらりと。


同音異義語。

たとえば、まず「とる」という言葉を取り上げる。

そして、先生がヒントのキーワードをいくつか出して、それに対して「どんなものをとるか」を答えさせる。

ヒントは例えば、「はっけよい」「ハイ、チーズ」「ハッピーバースデイ」「名前」などなど。

それぞれ、相撲・写真・年・出席、といった答えが出るわけだ。

ひとしきり授業を進めた後は、今度は先生がいくつかのお題となる動詞を出して、各班ごとにそのお題についてのヒントと答えを用意させる、というわけだ。

お題は、「でる」「かける」「きる」「あげる」などなど。

ときおりおもしろい回答もあって、「きる」に対しては「親子」のヒント・・・切るものは「縁」なんて答えも。

はてこの問題を作った生徒の親は、この場にいたんだろうか・・・。


ムウも2回ほどの発言があったが、間違いもなくとりあえずは一安心。

ふむ。

できるだけ客観的にクラスを眺めようと思ってはいたつもりだけど、やっぱり気になってしまうものらしい。

なんとなく、自分に苦笑。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

本格的な、冬到来。

街が白く染まる季節がやってきた。


雪なんてものは面倒以外の何者でもないのだが、それはどうやら大人の事情でしかないようで。

子供には子供の世界があり。

ましてやこれが初めての雪国体験ともなればなおさら。

レイもムウも大騒ぎである。


とにかく雪と戯れたいらしいヤツラは、だいぶ前から「雪かきは全てやる」宣言をしていた。

言ったからには最後までやれ、と言い渡してあるものの、さてどうなることやら。


先日ドバッと降ったときに、まずやらせてみたのだが。

レイは、初日から失態。

マンション地下の共用倉庫の鍵を、失くしやがった。

雪に鍵を落としたら、もはや捜索は不可能。

既に何度か雪かきがされた後で、あちこちに雪山ができているし、どの辺で落としたのかも本人は覚えていないとくれば、お手上げだ。

春の雪解けと共に発見されれば御の字、である。

幸いに、というべきか、共用のものなので、マンションのほかの住人が同じ鍵を持っているから、昨日下の階の人に借りて合鍵を作ってきた。


どこまで信用して任せていいものやら、難しいところだ・・・。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

7戦目までもつれた日本シリーズ。

圧倒的不利な情勢と外野の下馬評を覆し、主力選手のケガ人続出の逆風の中、ライオンズが執念の逆転勝利。

見事に日本一の栄冠を手にすることとなった。

相手は宿敵の読売ということもあって、応援にも力が入る。

俺の影響というか陶冶というか、相方もレイもすっかりライオンズファン&アンチ読売という理想的な状態に仕上がっているため、我が家もヒートアップ。

8回の同点、そして逆転劇には大騒ぎである。


この、日本シリーズ。

シーズンでは4番のブラゼル、5番のGG佐藤を怪我で欠く布陣で挑み、主戦の西口のやはりケガで万全ではない。

さらに、第4戦で、中心選手の中島と、扇の要・細川がケガで退場という、とんでもない状況。

それでも、投手陣は奮起。

特に、岸。

獅子奮迅の大車輪。

圧巻の投球内容で、シリーズMVPにも輝く活躍を見せた。

俺は無論、岸のことは将来のライオンズを背負う選手としてずっと注目していたわけだし、さらには俺の相方は、岸の背番号Tシャツを買って以来の岸ファンだから、大喜びである。


優勝決定後、とりあえずはパソコンでライオンズ球団歌をエンドレスで流しつつ、ライオンズオフィシャルサイトを覗く。

目的は、優勝記念グッズ。

リーズ制覇のときもそうだったが、優勝記念グッズは大抵数量限定だから、のんびりしてるとあっさり品切れになってしまうのである。

で、

すかさず、オンラインショップで日本一記念のTシャツを購入。

どうも俺と同じような考えの人間もたくさんいるようで、なかなか画面が進まなかったりも。


さ、明日はスポーツ新聞を買わないと。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。