薬膳カレーらの音のブログ

薬膳カレーらの音のブログ

神戸王子動物園前の間口1.5軒の小さな薬膳カレー専門店。動物園や美術館の行き帰りで偶然見つけて下さった方々以外にも、ブログでお伝え出来たらいいな。という気持ちで始めました。

Amebaでブログを始めよう!
昨日、医療と提携するある企業のフォーラムに参加してきました。

その会社を知ったキッカケが、お店のオープン前からお世話になっていた、機能回復協会の理事長の先生から教えていただいたのですが、美味しくて身体に良いものをたくさんの方々に食べてもらいたいという思いで始めた薬膳カレー「らの音」を多くの人に知っていただくキッカケと思い参加させていただきました。

医療と提携する企業のフォーラムとはなんぞや?と思いながらも商品のウワサは聞いてました。

フォーラム内では、製品の説明や、実体験などがあり、世の中には健康でないことに不満や不安を抱えてる人々が沢山いらっしゃるのだ…と、

さらにフォーラムの終盤に、この度九州でおきた地震の避難所の状態や、支援活動について語られてたことが、心にしみました。

着の身着のままで避難所生活を余儀なくされた方々の中には、ご高齢の方たちも多く、手持ちのお金が1円も無いという方も多く、避難所近くのコンビニには、商品が山積みにあっても手持ちのお金が無いので下着一枚買え無い。

義援金をもらえるのにも時間がかかり、3カ月から半年以上かかるケースも多いのだとか…

そこでボランティアにいかれた方々が、直接お見舞金を被災者の方々に手渡しをするという強行手段に出たところ、
とある自治体では、その行為が非難されボランティアの方々が追い出しをされたり、警察を呼ばれたりしていたと…

関西在住の私も、社会人になりたての頃、阪神淡路大震災を経験し、周りで全壊、半壊の家や、私自身も、約半年間水道が使え無い状態でした。

普段当たり前の様に使える水がないことで衛生面や精神面でずいぶん生活にゆとりが無くなります。
お風呂に入りながら考えました。

第8回WCJフォーラム