野々垣 弘子の『幸せになる為の思考論』

株式会社LANI’S代表取締役。スキンケア製品の企画・販売をしています。オフィシャルサイト lanis.co.jp《ラニズ》にて検索してください。 美容に関する記事を毎日更新しています。On line shop lanis.co.jp/shop/  楽天ショップも合わせてご覧ください。


テーマ:

過去記事ですが、人気の記事だったので再UPします。



皆さんは何人居ますか?

 
『ママ友』
 
 
【ママ友は本当に必要でしょうか??】
 
 
 
「沢山居るわ〜💗」
 
という方も居れば
 
「私なんて、数える程度しか…」
 
「ゼロです‼️」
 
と、良い意味で開き直っている方もいらっしゃる事と思います。
 
 
 
『ママ友は本当に必要か?』
 
と考えた時、あなたはどう感じますか?
 
 
ママ友は居るのが当たり前(何故?)
 
友達が居ないと寂しい(承認欲求)
 
ひとりぼっちは嫌(孤独不安)
 
情報源が欲しい(情報不安)
 
グループに属していないと不安(所属欲求)
 
 
 
上記以外にも、色々と理由はあると思います。
 
 
周りの方々の話を聞いていると、過去形になりますが
 
 
『かなり無理をしてママ友付き合いをして来た』
 
という人が殆ど!
 
 
少し前まではこんなに情報を自分で手に入れる事は出来なかったし、何処かのグループに所属していないと仲間はずれにされている様で不安(幼稚園児か??)という、理由が殆どでした。
 
 
私個人としては
 
『無理してママ友を作る必要性は無い』
 
と断言してもいいくらいだと考えています。
 
 
勿論、子育ては初めての事ばかりですから、解らない事ばかりで不安も沢山あります。
 
 
そんな時役立つのは『先輩ママ』の存在です。
 
私は出産が遅かったので、歳上、歳下に関わらず沢山の先輩ママが身近に居てくれて、本当に助かりました。
 
 
相談をすれば、ご自身の経験談を懐かしみながら「その時は大変だと思っていたけれど…」と、あくまでも過去形で詳しくアドバイスしてくれます。
 
 
また、同級生の『ママ友』は【ライバル】だという事を忘れないでください。
(こちらがライバル視していなくても、相手が思い切りしてくる場合が多々あります)
 
昨日まで仲良くしていたママ友が、ある日突然敵対視して来たり、有る事無い事吹聴したりなんてことは、みんな経験しています。
 
私も経験しましたので、よーくわかります。
 
 
結論としては
 
【ママ友より、友ママの存在を大切に】
 
 
 
無理して子供が所属している場所でママ友を作るより、元々友達で、同じ場所に所属していない友ママの存在の方が、沢山のメリットがあり、競争も無く、和気藹々としていられます。
 
同じ場所では知り得ない情報交換も出来ます。
無駄な噂話をしなくてもいいので、井戸端会議にもなりません。
 
 
狭い社会の中で、誰かに振り回されるなんてバカらしいですよね。
 
そういう【幼稚なボス的存在】って、何処にでも居ます。
 
また、ターゲットにされやすいのは【いい人】が多いのも事実です。
 
【いい人】は、やり返さないので、幼稚なボスキャラの格好のターゲットになり易いのです。
 
 
挨拶の出来ない母親の子供は、挨拶の大切さを知らず
 
謝る事の出来ない母親の子供は、同じく謝るという事を知りません。
 
 
私は長引かせたくないので、たとえ息子が悪く無くても直ぐに謝ってしまいます。
 
【負けるが勝ち】という戦略は、子育てにとても役立ちます。
 
大人になっても同じです。
意地でも謝らない!と決め込んでいる人って、凄く損をしていると思います。
 
 
狭い社会の、小さなボスキャラに振り回される事なく『魂でお付き合いのできる人』と、楽しく子育て論を語ればいいのです。
 
『友ママは必要だけど、ママ友は無理して作る事は無い』
 
 
これが私の教育論です。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(1)

野々垣 弘子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。