お前神さまにでもなったつもりか理論 | インラケッチ!自分を生きよう

インラケッチ!自分を生きよう

自分が思い込んでいる自分じゃなくて、心の奥底に隠れてしまった
もともとの自分を表に出して輝かせよう♬


テーマ:

ほぼ1年ぶりのタロットのトリヴィア

 

 

前回は闇討ちを恐れてテキストなしだったのに

今回は前回写メした内容が

B4版のテキストとして配られた。

「隠すほどのものでもないと思ってねハムハムキラリ

 

講師殿も回を重ねるごとに肚が据わってきてるんだね。

その他カラーコピーの資料も充実。

 

 

天使のトリヴィアと並ぶトリヴィア講座として

ブラッシュアップしたそうな。

 

今日は講師自ら

「タロット使いの方は前半で失血死血しぶき 確実かな かお

 そうじゃない人も、後半でたぶん・・・・魔王

 まぁまぁ やってみましょうかグラサン

と斬る氣満々。

 

 

 

前半は題名どおり「タロットのトリヴィア」

タロットの歴史を紐解く。

図柄の解釈なんて学んでも無意味。

だって出所がトンデモ本だからね。

 

きつね「自分が使うツールの歴史や出所ぐらい

 きちんと押さえておかないとね。

 そういうところも分かった上で使わないと

 深いよみときはできない」キッパリ

 

予告通り、血まみれ血だらけまーくん になったタロット使いさん数名…

 

 

 

そしてここから

『お前神さまにでもなったつもりか理論』

が炸裂火山

 

 

固有の量子収束パターンの影響による

複数認識間の照応現象

 

これ、去年もあったのだけれど、

今回はここのところを

シュタイナー、ユング、エドガー・ケイシーと

誰も逃さないよ的にじーっくりと斬りました。

 

これらの霊力が優れている人々が陥る罠、

そして面白いほど同じ過程を辿って

堕ちていく様を具体的に解説。

 

ここにホゼ・アグエイアス氏も登場!!

「どんな人だかちゃんと知ってる?」

と心配そうに講師殿に聞かれた。

うん、知ってる。

確かに晩年のホゼさんは…namida☆☆

わたしはホゼさん崇拝主義じゃないからねグラサン

 

 

アカシックレコードや

宇宙からの贈り物と称する事柄は

誰にも証明できないから

突っ込めない。

 

例え「それ おかしくないshoko」と突っ込んでも

「あなたはチャネれないから分からないのだ」

と言われたら、

話はどこへも辿り着かない。

 

 

 

チャネリングもリーディング

占星術も数秘もカバラも

すべてはその人の色眼鏡サングラス

 

 

その色眼鏡で見れば、

世界はそうなる。

 

 

あなたのリーディングが当たるのは

あなたのサングラスが クライアントのサングラスより

大きくて歪みが少ないからなのだ。

 

 

それを分かっていて使うか、

このリーディングの技はスゴイ

と思って使うのか、

実はとてつもなく大きな違いであり

ものすごく大切なこと。

 

 

何かを学ぶとき、

何かを提供するとき、

誰かに伝えるとき、

ここを踏まえていれば

フラットでいられる。

そういう立ち位置に居たいものだ。

 

 

今回から

素敵なカードがもらえるようになりました。

 

 

これを使うと「七元徳セッション」ができますウインク

 

 

講座の最後はこのカード1枚引きで

セルフセッションをやるのですが、

ちゃーーんとサングラスがあぶりだされるから

怖いわー驚く汗

 

 

講座後

「久美さん、カードはなんだったの?

と聞かれ

「節制。。。。」

と答えると

「あー、なるほどねぴかっ! 皆まで言わずとも だね指

って嬉しそうに言われた。

 

えーーー、そうなのぶー 

をいプンプン って感じ。

 

もちろん、この講座の解説も

てっぺいしゃんの色眼鏡で見た世界の話イヒ

 

集合無意識やアカシックレコードはある

という色眼鏡を選択するのもありです。

 

 

 

長くなったので、皆さんの感想は

また次に。

 

 

 

インラケッチ☆久美さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります