Electronic Government: 17th IFIP WG 8.5 | (元)無気力東大院生の不労生活

(元)無気力東大院生の不労生活

勤労意欲がなく、東京大学の大学院に逃げ込んだ無気力な人間の記録。
学費を捻出するために、不労所得を確保することに奮闘中。
でした。


テーマ:

 Peter Parycek et. al (eds) 『Electronic Government: 17th IFIP WG 8.5 International Conference, EGOV 2018, Krems, Austria, September 3-5, 2018, Proceedings』を読了。

 

 平成最後の投稿は、読了した書籍で。
 「電子政府」というテーマも広がりを持ちつつ、若干の停滞を見せてもいるということを強く感じさせる論文の構成。特に新たしい実践について取り扱った論文が近年どんどん減少しているように思う。それだけ当たり前のこととして扱われることになったということが、この10年ほどに起きたことであるのかもしれない。