『The Next Public Administration』 | (元)無気力東大院生の不労生活

(元)無気力東大院生の不労生活

勤労意欲がなく、東京大学の大学院に逃げ込んだ無気力な人間の記録。
学費を捻出するために、不労所得を確保することに奮闘中。
でした。


テーマ:

 Peters B Guy・Pierre Jon『The Next Public Administration: Debates and Dilemmas』を読了。

 

 題名に「Next」とあるが、次という感じはしなかった。これまでの議論を整理したというのが正解。その整理自体は、この二人の手にかかれば、そうなるだろうというクリアさ。ただ、概念整理なので、これだけ読んでも、イマイチ分かり難いというところもあると思う。著者二人が次に向けた準備をいたというのであれば、その次の展開が待ち遠しい。

 

 

 

languid-graduatestudentさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス