松風園は各エリアによって主になる高木と下草を決め、空間の雰囲気を変えています。これらの下草に、いろいろな低木や宿根草をあしらい、さらに雰囲気を高めています。

駐車場とアプローチは高木がヤマボウシやエゴノキ等の雑木、下草はミヤコザサとコグマザサを主にしています。これらにミツバツツジ、ヤマツツジ等の山野木を組み合わせて明るい雑木林の風情を演出しています。住宅地から「市中の山居」に誘う空間として、雑木林の中を抜けるイメージにするとともに、造成上発生した石積みを緑で和らげる効果を狙いました。


sitakusa

AD