松風園の止め石と駒止

テーマ:

松風園には茶室の利用者と庭の見学者の動線を分けています。基本的には露地には見学者は入れません。露地と園路は四つ目垣や枝折り戸で仕切ってあります。

また、広間の茶室が利用されているときには見学者は広間に近づくことはできません。

ただし、そこには仕切りは何もありませんので、止め石で仕切ることにしました。飛び石の上に棕櫚縄で結んだ石を置いただけのものです。これだけでここから先はご遠慮くださいということを表しています。亭主と客のあうんの呼吸です。

また、茶花園と新築の茶室を結ぶ園路には駒止を用意しました。ここは茶会が頻繁に行われますので、より強い意志を感じていただくように駒止にしました。いずれにしろ簡単に通り越せますが、亭主と客とのあうんの呼吸や礼儀を理解していただくためにもいい素材ではないでしょうか。

止め石は下の写真にあります。どこかわかりますか。


tobiisi

AD