ご訪問ありがとうございます。

 四つ折りで持ち運び楽々の高発電効率ソーラーパネル、「Jackery SolarSaga 100S」をご紹介します。

★Jackery (ジャクリ)★
★SolarSaga 100S★


※お肉を自動で回して焼いてくれるグリルです。

※時間を掛けてゆっくりと焼くことで美味しく仕上がります。

※30~50cm幅のグリルや焚き火台に載せて使います。

※モバイルバッテリー式なので、電池の腐食を気にする必要はありません。

※組み立て・分解はいたって簡単です。

※分解後のフレームはフラットな一枚板になるので、お手入れも楽々です。
参考価格
(税込)
18,999 円
組立後サイズ
【フレームのみ】
(約) 長さ530×奥行170×高さ128 mm
【スキュア・本体含む】
(約) 長さ700×奥行170×高さ128 mm
重量 (約)1.6 kg
消費電力 1 W
参考動作時間 3,000mAh モバイルバッテリーで15時間程度(肉なしで、エレコム社製 Pile one 3000mAhを使用)
材質
【フレーム】
金属(ステンレス)
【スキュア】
木・金属(ステンレス・アルミ)
【本体・ケーブル】
金属(アルミなど)・樹脂

 アウトドア用に開発された、ポータブル式の「Rotisserie ロティサリ(自動回転式肉焼き器)」です。

 使い方はいたって簡単で、食材を刺したスキュア(焼き串、トラモンティーナ製)を「肉グル」本体に載せるだけ。装置にセットしたり、スキュアを固定するためにロックを掛けたりなどの面倒な操作は一切必要ありません。また、焼き終わった後も、電源を切ってスキュアを持ち上げるだけと非常にシンプル。そのままテーブルまで持っていき、取り分けることができます。

 肉や魚を時間を掛けてゆっくりと焼くので、溶けだした油が滴り落ちることなく食材の外部をコーティングし、中をしっとりと焼き上げることができます。

 モバイルバッテリーで動くので、コンセントがあるサイトを探す必要はありません。場所を選ばず、どこへでも持っていけます。ちなみに、環境や使用状況にもよりますが、3,000mAhのモバイルバッテリーで15時間以上作動します。

 ロティサリ(自動回転式肉焼き器)の最大の欠点はセッティングの煩わしさにあると言えますが、この「肉グル」は30秒で組み立てることができ、それを30~50cm幅のグリルや焚き火台の上に置くだけです。誰でも、簡単に、素早く使い出すことができます。

 分解後のフレームはフラットな一枚板になるので、そのままタワシやスポンジでガシガシ洗うことができ、お手入れが楽々です。また、錆びにくいステンレス製なので、長期間使い続けることができます。

 肉や魚だけでなく、じゃがいもやとうもろこしなどの野菜類や、バームクーヘンなどのスイーツ(別売りのオプションキットが必要)も焼くことが可能です。アイディア次第で調理の幅は無限に広がるので、是非挑戦してみてください。

↓コチラで手に入ります

↓当店の最新情報はコチラ!
$キャンパー専門店ランドマークアメリカのブログ-ランドマークアメリカのホームページへ