ご訪問ありがとうございます。

 小学館のアウトドアマガジン「BE-PAL (ビーパル)」の最新2022年1月号が、全国書店にて発売中です。

★小学館★
★BE-PAL (ビーパル)★
★2022年1月号★

小学館 BE-PAL (ビーパル) 2022年1月号
※自然派の「移住&仕事」大図鑑
小学館 BE-PAL (ビーパル) 2022年1月号
小学館 BE-PAL (ビーパル) 2022年1月号
小学館 BE-PAL (ビーパル) 2022年1月号
小学館 BE-PAL (ビーパル) 2022年1月号
※特別付録「グリップスワニー×BE-PAL 4WAYカトラリーセット」付き。
小学館 BE-PAL (ビーパル) 2022年1月号
※コンテンツ.1
小学館 BE-PAL (ビーパル) 2022年1月号
※コンテンツ.2
価格(税込)
【Kindle版】
 730 円より
【雑誌】
 1,080 円
発売日 2021年12月9日(木)

 今月号には、特別付録として人気アウトドアブランド「グリップスワニー」と「BE-PAL (ビーパル)」がコラボした、「グリップスワニー×BE-PAL 4WAYカトラリーセット」が付いています。先割れスプーンとナイフ、大・中・小の穴板スパナ、マイナスドライバーの4WAYで 使えるカラトリーの2本組で、無駄を省いた機能的かつスタイリッシュなデザインが特徴です。スパナの穴にカラビナを通せばザックやベルトループに下げて持ち運べますし、収納ケースが欲しい場合は、巻末の通販ページから同じグリップスワニー製のナイロンケースを買うことができます。

 そして、特集「自然派の移住&仕事大図鑑」では、国内では数少ない本格的なアウトドアガイドを続けるために徳島の自然豊かな地に移住した夫婦や、冒険家希望で旅を続けるも福島のマタギの生活に惹かれ移住した若者など、実際に移住した自然環境の中で暮らし・働く人たちを紹介しています。また、特集後半には、移住までに必要となるプロセスの説明や、移住にするにあたってのサポートが充実している土地を紹介するコーナーも設けられているので、将来大自然の中、あるいは田舎暮らをしたいと考えている人たちには、是非読んでもらいたい内容となっています。

 その他、「井ノ原快彦のつくりびと 第30回 イノッチパークを作ろう⑱ 小屋作りが、テント場作りに急遽変更!」や、「サラリーマン転覆隊(桂川で挫折す!)」などの連載企画も絶好調!今月号も、知って得する情報満載の、買って損はない一冊に仕上がっています。

↓コチラで手に入ります

↓当店の最新情報はコチラ!
$キャンパー専門店ランドマークアメリカのブログ-ランドマークアメリカのホームページへ