ご訪問ありがとうございます。

 天体を自動で追尾する機能の付いた天体望遠鏡♪「Kenko (ケンコー)」の「Sky Explore (スカイエクスプローラー)」をご紹介します。

★Kenko (ケンコー)★
★Sky Explore★
★(スカイエクスプローラー)★

Kenko (ケンコー) スカイエクスプローラー 天体望遠鏡
※卓上型のコンパクトな天体望遠鏡です。
Kenko (ケンコー) スカイエクスプローラー 天体望遠鏡
※エンコーダー内蔵で、見つけた天体を自動で追尾します。
Kenko (ケンコー) スカイエクスプローラー 天体望遠鏡
※デジカメをセットすることで、定点を巡行しながら撮影できます。(地上定点撮影巡航モード)
希望小売価格
(税別)
50,000 円
付属品
  • 6倍24mmファインダー
  • 接眼レンズ 20mm(22.5倍 / 67.5倍<バーローレンズ使用時>)
  • 接眼レンズ 10mm(45倍 / 135倍)
  • 接眼レンズ 6.3mm(71倍 / 213倍)
  • 3倍バーローレンズ
  • カメラ台(L字ブラケット)
  • 取扱説明書&保証書

 搭載の自動追尾機能で導入した天体が視野から外れるのを緩和してくれるので、長時間の観測が楽に行えます。

 鏡筒にはニュートン反射式を採用。星雲・星団から惑星の観測まで、幅広い観測に適しています。

 架台と鏡筒を特別な器具を使わず簡単に接続できるので、初心者でも素早くセッティングが行えます。

 回転軸(水平軸・高度軸)に角度を読み取るエンコーダーを内臓。モーター駆動時はもちろん、手で動かしたときにも角度を読み取ります。

 乾電池駆動なので、観測場所を選びません。また、別売のACアダプターを使用ですることで、長時間の観測を行うことも可能です。

 卓上型の軽量・コンパクトな望遠鏡なので、自宅のベランダやキャンプなどでも気軽に使えます。

 卓上型望遠鏡ながら、架台ごと三脚に取り付けて観察する事も可能です。その場合は、別売りの専用三脚「SE-AT用三脚Ⅱ」を利用することをお勧めします。

 別売の「NEWスカイコントローラー」に接続すると、見たい天体をボタン操作で導入できる「自動導入天体望遠鏡」として使用することができるようになります。

 鏡筒を外した架台に、付属のL字マウントで動画対応一眼レフカメラを固定しモード切り替えを行うことで、決まった場所を巡行しながら撮影できます。(地上定点撮影巡航モード<ビデオ>)

↓コチラで手に入ります

鏡筒部の仕様
天体望遠鏡
の種類
ニュートン反射式
焦点距離 450 mm
極限等級 11.8等星
分解能 1.16秒
有効最低倍率 14倍
接眼部サイズ
(スリーブ径)
φ31.7 mm(スリーブ・差込式)
鏡筒サイズ 180×410 mm
(突起部含まず)
主鏡有効径 100 mm
明るさ
(F値)
4.5
集光力 肉眼の204倍
有効
最高倍率
200倍
ファインダー 6倍、24 mm
台座部 アリガタプレート
鏡筒重量 1.6kg(接眼レンズ含まず)
架台部の仕様
架台タイプ 経緯台式(エンコーダー内蔵)
モーター DCサーボモーター
動作速度
【手動時】
 任意の速さで動作(エンコーダー連動)
【モーター 対恒星時】
 1~約250倍速(5段階で調整)
動作モード
【天体観測時】
 ノーマルモード
 自動追尾モード
【地上撮影時(付属L字ブラケット使用)】
 ノーマルモード
 定点撮影モード(一眼レフカメラ)※
 定点撮影巡航モード(ビデオ)
 パノラマ撮影モード(一眼レフカメラ)※
※別売のシャッターコントロールケーブルを使用
架台サイズ 300×290×410 mm
架台重量 4 kg
電源
  • 単3形乾電池8本(別売)
  • 12V ACアダプター(別売)
駆動時間 約4時間 (アルカリ乾電池使用時)

↓当店の最新情報はコチラ!
$キャンパー専門店ランドマークアメリカのブログ-ランドマークアメリカのホームページへ