ご訪問ありがとうございます。

 覆面アーティストの「Banksy (バンクシー)」の作品がプリントされた車載用ポータブル冷凍冷蔵庫が、限定商品として「AVEST (アベスト)」からリリースされました。

★AVEST (アベスト)★
★車載用ポータブル冷凍冷蔵庫★
★バンクシーモデル★

AVEST (アベスト) 車載用ポータブル冷凍冷蔵庫 バンクシーモデル
※「Banksy (バンクシー)」作品の「Love Rat」と、
AVEST (アベスト) 車載用ポータブル冷凍冷蔵庫 バンクシーモデル
※「Balloon Girl」、
AVEST (アベスト) 車載用ポータブル冷凍冷蔵庫 バンクシーモデル
※「Flower Bomber」が鏡面仕上げの天板に施されています。
AVEST (アベスト) 車載用ポータブル冷凍冷蔵庫 バンクシーモデル
※庫内温度は、20℃から-25℃の間で1℃ずつ設定できます。
AVEST (アベスト) 車載用ポータブル冷凍冷蔵庫 バンクシーモデル
※持ち手付きで持ち運びに便利♪庫内も二層に分かれているので、冷凍と冷蔵を使い分けられます。
AVEST (アベスト) 車載用ポータブル冷凍冷蔵庫 バンクシーモデル
※DC12VとDC24Vの両方で使えます。また、作動音は図書館内並の静かさです。
AVEST (アベスト) 車載用ポータブル冷凍冷蔵庫 バンクシーモデル
※急速冷凍モードとエコモードの2種類の冷却モードを搭載しています。
AVEST (アベスト) 車載用ポータブル冷凍冷蔵庫 バンクシーモデル
※バッテリー容量が不足すると停止する保護機能付きです。
AVEST (アベスト) 車載用ポータブル冷凍冷蔵庫 バンクシーモデル
※メモリー機能がいつも使う温度を覚えているので、いちいち設定する必要がありません。
参考価格
(税込)
【26Lタイプ】
 39,000 円
【32Lタイプ】
 49,000 円
サイズ
【26Lタイプ】
 「本体寸法:602(W)×320(D)×395(H)mm」
 「冷凍庫内:340(W)×242(D)×292(H)mm」
 「冷蔵庫内:145(W)×242(D)×120(H)mm」
【32Lタイプ】
 「本体寸法:602(W)×320(D)×445(H)mm」
 「冷凍庫内:340(W)×242(D)×342(H)mm」
 「冷蔵庫内:145(W)×242(D)×170(H)mm」
【DC12V/24V兼用シガーケーブル】
 「3.3 m」
重量
【26Lタイプ】
 12.4kg
【32Lタイプ】
 13.0kg
電源
  • DC12V
  • DC24V
  • AC100V(別売りのACアダプターの購入が必要)
ワット数 45 W
バッテリー リチウムイオン充電池
運転音 40 dB(図書館内並の静かさ)
セット内容
  • 冷凍冷蔵庫本体
  • DC12V/24V兼用シガーケーブル
  • 取扱説明書

 覆面アーティストの「Banksy (バンクシー)」の作品を扱う「BRANDALISED (ブランダライズド)」と、車載用ポータブル冷凍冷蔵庫の製造も行っている「AVEST (アベスト)」とのコラボ商品です。

 ブラック鏡面仕上げの天板に、「Banksy (バンクシー)」の3作品「Love Rat」と、「Balloon Girl」、「Flower Bomber」が施されています。スタイリッシュな外観で、どんなインテリアにもマッチします。

 また、天板は強化ガラスにもなっていて少々雑に扱ってもキズつきませんし、サッと拭くだけできれいになるのでお手入れも楽々です。

 庫内容量が26リットルのタイプと、32リットルのタイプの2種類がラインナップされています。

 庫内は二層に分かれていて、冷凍と冷蔵の2WAYで使うこともできます。

 庫内温度は、20℃から-25℃の間で1℃ずつ設定できます。メモリー機能が一度設定した温度を覚えているので、いちいち設定しなおす必要はありません。

 運転音が図書館内並の静かさである僅か40 dBなので、仕事や睡眠の障害になりません。

 電源はDC12VとDC24Vの両方に対応しているので、普通車とトラックのどちらでも使うことができます。また、別売りのACアダプターを購入すれば、自宅やオフィスでの使用も可能です。

 10℃から-25℃まで約30分で冷やす急速冷凍モード(外気温約10℃時)と、ゆっくり冷却&保冷する省電力のエコモードの2種類の冷却モードを搭載しています。

 車両側の電圧を感知してバッテリーが弱まってきたら自動的に電源をオフに、そしてその後電圧が設定値まで回復したら再び電源がオンになるバッテリー保護機能も付いています。

↓コチラで手に入ります

↓当店の最新情報はコチラ!
$キャンパー専門店ランドマークアメリカのブログ-ランドマークアメリカのホームページへ