ご訪問ありがとうございます。



 「mont-bell (モンベル)」が特別協賛する環境スポーツイベント「SEA TO SUMMIT (シートゥサミット)」が、全国各地で開催中です。



★SEA TO SUMMIT 2018★
(シートゥサミット)



 「株式会社モンベル」、「株式会社スバル」が特別協賛。その他「大山ハム株式会社」や「株式会社ビクセン」をはじめとした24もの企業が協賛して開催される環境スポーツイベント「SEA TO SUMMIT (シートゥサミット)」が、全国各地で開催中です。

 そもそも「SEA TO SUMMIT (シートゥサミット)」とは?公式サイトの説明文を引用させてもらうと
海で発生した水蒸気が、雨や雪となって山に降り、川となって森や里を潤し、再び海へと還ってゆく…。
「SEA TO SUMMIT(シー トゥー サミット)」は、人力のみで海(カヤック)から里(自転車)、そして山頂(登山)へと進む中で、自然の循環に思いを巡らせ、かけがえのない自然について考えようという環境スポーツイベントです。
だそうです。

 一人でカヤック・自転車・登山のすべてをこなす個人参加と、2~5名の参加者でそれぞれの得意分野を担当するチーム参加、どちらかの参加形態を選べます。また、各大会ごとに3種のアクティビティのレベルや距離が異なるので、自分の実力や体力に合わせて参加する大会を選んだり、自分なりにステップアップしていくこともできます。中にはレンタルカヤックを用意してくれている場所もあるので、マイカヤックを持ってなくても大丈夫。地域を選んで参加しましょう。

 また、障がいのある方や体力に自信のない高齢者の方が、自身の能力に応じて希望のステージのみで参加するパラチャレンジ部門も今年から追加されました。この部門では、健常者や伴走者とのチーム参加で全ステージ完走を目指すこともできますし、定刻スタート制でタイムアウトの心配もありません。その他、カヤックや自転車の乗り降りのサポートをしてくれたり、電動アシストバイクで参加することができたりなど、誰でも気軽にエントリーできる体制が整っています。

 また、開催が予定されている地域は、いずれも特色のある風土や歴史、食文化などにも恵まれているので、その地域ならではのグルメを味わったり、温泉に入ったりと、大会に参加する以外にも楽しめるポイントはたくさん存在します。

 そして、各大会の初日には環境シンポジウムが行われるので、遊ぶだけでなく環境について色々と学ぶこともできます。多彩なゲストやパネリストの「人と自然との共生」についてのスピーチを聴いて、自然環境や地域振興について深く考えましょう。

開催地域と日程

日程場所
皆生・大山
(鳥取県)
5/19(土)・20(日)
びわ湖 東近江
(滋賀県)
6/2(土)・3(日)
江田島
(広島県)
6/23(土)・24(日)
妙高・野尻湖
(新潟・長野県)
7/21(土)・22(日)
大雪 旭岳
(北海道)
8/18(土)・19(日)
鳥海山
(山形・秋田県)
8/25(土)・26(日)
愛媛 西予
(愛媛県)
9/1(土)・2(日)
由良川・大江山
(京都府)
9/29(土)・9/30(日)
初開催 宮城 加美町
(宮城県)
10/6(土)・7(日)
岡山 鏡野
(岡山県)
10/13(土)・14(日)
千曲川・高社山
(長野県)
10/20(土)・21(日)
三重 紀北
(三重県)
11/17(土)・18(日)


↓公式サイトはコチラ
SEA TO SUMMIT 2017 ロゴ




↓当店の最新情報はコチラ!
$キャンパー専門店ランドマークアメリカのブログ-ランドマークアメリカのホームページへ