今年で47になります。本当に月日は早いものですね

 

 

 

ある一羽の鷹の物語です・・・(フィクションです)

 

多くの選択と痛みも乗り越えて

 

長い年月を生きてきた鷹がいました

 

そんな鷹にある大きな決断をしなければならない試練がきます

 

その翼は次第に重くなりました

 

そのくちばしは次第に丸くなり 使いづらくなり

 

そしてその翼は次第に重くなり

 

やがて飛べなくなってきました

 

そんな翼に2つの大きな選択を迫られる時がきたのです

 

一つはこのままなにもせずに 死を受け入れ その時を待つのか・・

 

そしてもうひとつは その道は苦しくともも 自分探しの旅にでるのか・・

 

その鷹はあえて険しい自分探しの旅を選びました・・・

 

丸くとがったクチバシを 自ら岩に叩きつけ壊したのです

 

すると新たなくちばしが生まれてきたのです

 

そしてそのクチバシで弱くなった爪をとぎ始めました

 

重たい羽をすべて抜いていったのです

 

こうして半年が過ぎた鷹は 新しい姿に生まれ変わることができたのです・・・

 

そしてついに新たに生まれ変わった鷹は

 

また大空に羽ばたいていきました・・・

 

ここから先は変化を望んだものだけがみることのできる新たな人生

 

変化を望んだものだけが 昨日の自分より成長することができるのです・・

 

変化には苦痛や不安も待っている

 

しかしほんの少しの勇気と初めの一歩が

 

それからの人生を導いてくれる

 

 

 

 

 

 

自宅の庭に 新しい 新たな変化 成長を見守ってくれる象徴

 

 

変化を恐れず 楽しんでいける勇気を持てるのか・・・

 

これからの人生のために 

 

今の自分がまた更なる成長をするために・・・

 

衰退を感じているのなら それは変化と成長を求めていないから

 

もうひとつの新たな人生に進む勇気

 

進まなければならない

 

 

 

次回 タイガ羽生田の自宅リフォーム3に続きます・・