・摘発された小学校の反日教育 ~子供を守るのは親の持つ正しい歴史認識~ | アジアの真実
2010年02月11日

・摘発された小学校の反日教育 ~子供を守るのは親の持つ正しい歴史認識~

テーマ:日本・教育問題

徴用と拉致が同じ? 小学校で講師が児童に説明:産経

 東京都荒川区町屋の区立大門小学校(指宿隆校長)で、定年退職後に再雇用された非常勤の女性講師が4年生の社会科の授業中に、日本が戦時中に行った徴用と北朝鮮による日本人拉致を同じことのように教えていたことが8日、区教育委員会などへの取材で分かった。講師は区教委に「クラスの外国籍の児童に配慮した」と説明したというが、区教委は「問題がある」と判断、全区立小学校に同じことがないように注意を求める通達を出す方針。

 区教委によると、発言があったのは1月12日の授業中。児童から拉致問題についての質問が出た際、講師は、被害者が北朝鮮で日本の生活習慣などを教えさせられていたことなどを説明した。

 さらに、講師は「日本も戦争中に韓国や北朝鮮の人を連れてきて働かせたことがある」と付け加え、「戦争はないほうがいい」と結んだ。

 講師の説明を聞いたクラスの男子児童の1人は「日本人に生まれて恥ずかしい」などと発言したという。

 別の児童が保護者に相談し、保護者が区議を通じて学校に抗議。区教委から指示を受けた指宿校長は児童宅に出向き「誤解を与える発言だった」と謝罪した。

 講師は区教委に「クラス内には外国籍の児童もいるので、北朝鮮に悪いイメージを植え付けるだけで終わらせてはいけないと考えた」と説明したという。

 産経新聞の取材に、区教委は「歴史を学んでいない小学校4年生の児童にこんなことを話すと、日本人も韓国や北朝鮮の人を拉致したことがあると勘違いさせてしまう」と説明。区教委は今後、子供の発達段階に応じた授業を徹底させるよう区立小学校に通達を出すという。

 保護者から相談を受けた小坂英二区議は「他国の言い分を教育現場で教諭が安易にしゃべる風潮は根本的に変えなければならない」と話している。


 典型的な反日教育です。しかしながらこのようなケースが表面化するのは非常に珍しいと思います。今回のケースは、授業に疑問を持った子供が親に相談し、その親が区議に相談、そして区教委が問題視したころから発覚しましたが、親と区議、そして区教委のいずれかが正しい歴史認識を持っていなかったとすれば、この問題は表面化することはなかったでしょう。

 日教組の組織率が非常に高い地域では、日教組の幹部を経験しないと校長や教頭に昇進できない等、日教組と教育委員会が癒着している地域があり、そのような地域では今回のような問題が教育委員会に報告がされたとしても、問題なしとして封殺される可能性が高いです。

 そして、教育委員会や区議の前に、子供から話を聞いた親が、子供が受けている教育の内容について理解し、それを問題として指摘できる正しい知識なければ、この授業は全く問題視されることもなく、この反日教師は悠々とたくさんの子供達にこの教育を続けたことでしょう。

 子供達の為にも、まずは我々大人が正しい知識と歴史認識を持つことが何より大切であることを今回のニュースは教えてくれます。

 

人気ブログランキングバナー←このBlogに何かを感じたらクリックして下さい。


参考書籍:

学校の先生が国を滅ぼす
4819110721


反日組織・日教組の行状 (家族で読める family book series) (家族で読めるfamily book series―たちまちわかる最新時事解説)
4870319683

lancer1さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス