・再び朝鮮総連を強制捜査 ~剥がされるタブーという免罪符~ | アジアの真実
2006年11月27日

・再び朝鮮総連を強制捜査 ~剥がされるタブーという免罪符~

テーマ:北朝鮮・拉致,工作員問題

朝鮮総連を強制捜査 点滴薬大量輸出 薬事法違反の疑い:産経
 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の関係団体「在日本朝鮮人科学技術協会」(科協)幹部の親族の女性(74)が点滴薬を不正に入手した事件で、警視庁公安部は27日、薬事法違反(医薬品無許可授与)容疑で、総連東京都本部(文京区)など6カ所を一斉捜索した。万景峰号は総連の祖国訪問事業として往来しており、警察当局は全容解明には総連施設の強制捜査が必要と判断。親族に点滴薬を譲渡したのは耳鼻咽喉科の医師(59)で、公安部は北で需要の多い点滴薬の調達をめぐる指示系統や介在組織の捜査も進める。

 他に捜索したのは、新潟市の総連祖国訪問新潟出張所、科協幹部の親族と医師の自宅(ともに世田谷区)など。総連施設については、公安部は今年3月、大阪市の中華料理店店員、原敕晁さん=当時(43)=拉致事件で、総連傘下の在日本朝鮮大阪府商工会(大阪市)を捜索している。

 調べでは、科協幹部の親族は4月下旬、医師にアミノ酸点滴薬の譲渡を依頼、5月1日に60袋の点滴薬を譲り受けた疑いがもたれている。薬事法の規定では、医薬品の販売許可を得ていない個人や業者は、処方箋指定医薬品の譲渡や販売はできない。親族は医師から、肝臓疾患用薬品も譲渡されていたという。

 アミノ酸点滴薬は栄養補給などに使われ、栄養状態の悪い朝鮮人民軍兵士や、北の指導層で需要が多いとされる。北から日本国内の関連組織に医薬品を調達するよう指示も出ていた。公安部は押収資料を分析し、医薬品の持ち出しをめぐる総連や科協の関与の有無の解明も視野に入れる。

 科協幹部の親族は5月18日に新潟港に入港する万景峰号に、点滴薬と肝臓薬を衣装ケースの底に敷き詰めるようにして積み込もうとした。手荷物として持ち込み可能な上限額は30万円以内と定められており、東京税関の職員が総額が30万円以上であると指摘すると、親族は点滴薬などを置いたまま乗船した。

 その後、点滴薬などは親族に返納されたが、東京税関は経緯を警察当局に連絡。これを受け、公安部は入手ルートなどについて、内偵捜査に着手していた。


 薬事法違反を理由に初めて朝鮮総連施設へ強制捜査が入った のは昨年10月でした。そして今年1月には、その時押収した資料から総連傘下の団体である在日本朝鮮人科学技術協会(科協)が陸自のミサイルデータを北朝鮮本国へ送っていたことが判明 しました。さらに今月18日の産経新聞紙面によれば、このとき押収された在日本朝鮮人科学技術協会の会員名簿には1200人の名前が掲載されており、その多くが国立大や独立行政法人の研究機関、電機メーカーや重機大手など日本を代表する企業に勤務している人物であり、中には1月に発覚した陸上自衛隊の地対空ミサイルデータ流出先だったソフトウェア会社の関係者の名前もあった他、さらには過去に不正輸出で摘発された貿易会社の関係者の名前も掲載されていたといいます。つまり在日本朝鮮人科学技術協会とは、本国の指令により日本の科学技術や軍事情報を北朝鮮へ流すスパイ機関以外の何物でもないのです。

 また、科協を統括する朝鮮総連本体も今年4月には朝鮮総連が本国から受けていた拉致指令書の存在もスクープ されており、脱北者や総連からの脱会者の供述からも、総連自体が拉致に深く関わった北朝鮮の工作機関であることは疑いようもない事実です。


 今まで”在日というタブー”や、”強制連行”などの植え付けられた自虐史観の負い目から、それがわかっていながら”朝鮮総連”に手を出すことはタブーでした。マスコミが批判的な記事を書くことさえです。しかしながら、1年前の朝鮮総連へ対する強制捜査から、そのタブーが剥がれつつあります。しかしながら、まだまだ生ぬるいと言わざるを得ません。強制捜査が入ったと言っても、朝鮮総連が協潰れたわけではないのです。このような組織が明日も堂々と日本に存在できているということ自体が異常事態だと言わざるを得ません。さらに驚くことには、日本には未だに税制優遇をしている自治体もあるのです。
 遅々とはしていますが、今回も単なる薬事法違反というきっかけながらも強制捜査という手段を使い、その裏に隠された工作機関としての実態をつかもうとしている公安当局は素直に評価したいと思います。1日も早く総連の工作機関としての全容が白日の下に晒され、日本が少しでも健全な姿を取り戻すことを強く望みます。


参考書籍:
わが朝鮮総連の罪と罰
韓 光煕
4167679418

朝鮮総聯の大罪!
金 昌烈
4796635521


人気ブログランキングバナー ←このBlogに何かを感じたらクリックして下さい。

lancer1さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス