胎内退行ワークへの想い | 母子関係の癒し&胎内退行専門家・妊活・胎内記憶・アロマテラピー&ヒプノセラピー
新型コロナウイルスに関する情報について





         皆さん  こんにちは(^^)


      大らかな母性に目覚めるメソッド 
    可能性開花ママピスト®️代表 伊藤久美子です


         私のことを一言で表すと

 ~母子関係をひも解きむすぶ♡女性のしあわせ自然療法家~


      ナチュラルセラピースクール20年になります



いつもblogをご覧いただいてありがとうございます。

また更新するのに時間がかかってしまいましたが

どうぞお許しくださいね。


今度は携帯からも更新できるようにチャレンジしてみたいと思います。

そうすると・・・

もっと頻繁に更新できそうですからねキラキラ




今日は胎内退行について書いてみようと思います。


ヒプノセラピーをやってきた私は特に力を入れてきたのが

インナーチャイルドセラピーでした。


長年のヒプノセラピー体験をさせていただいて

沢山の方々の心に寄り添わせていただきました。


それから、伊勢神宮遷宮の年、初めて内宮を訪れて

「しあわせな母子のために働かせていただきます」と

可能性開花ママピストと作ったことをご報告させていただいたのです。


掌を合わせてお祈りさせていただいたのと、ぴったり同じタイミングに

マーナーモードにしていた携帯に一本のメール届きました。


内容は・・・

「九州発開催バースカフェが佐賀大和で開催されるので

久美子さんがこれまでやってきたこと

子どもたちは目的を持って生まれてくることなどをナビゲーター

で話して欲しいです!」というものでした。



私は作り上げたメソッドをどうやってお伝えしようかと

思っていましたから・・・

「え~っ!もう叶っちゃった」と思った日が懐かしいです。


そこから、いのち誕生に関わる

ナビゲーターを頼まれるようになり

女神合宿の講師の依頼をいただき

助産師岡野眞規代さんらと共にあちこちへ呼ばれることになりました。


女神合宿では

私は何をやろうかということになり

インナーチャイルドワークよりも

いのち誕生のイベントだから

「胎内退行ワーク」の方が相応しいのではないかしら?

と提案させていただいたのでした。


これまでの個人セッションでやっていた胎内退行セラピーは

単独セッションは本当に少なくて幼児期退行などの延長でやること

の方が多いセラピーです。


 

私は、こんな流れからグループワークをするようになり

全国からご依頼をいただきあちこちで開催させていただき

ハワイ2か所でも胎内退行ワークをさせていただきました。


そして、今では大人数の講演会の中でも胎内退行ワークを組み入れ

お話しさせていただいています。


きっと現在、こんな活動をしているのは日本に少ないか、

もしくはいないのかも知れません。。


今、お声かけいただうているのが「胎内退行ワーク」を

したいので講座を作っていただきたいです!というものです。



個人セッションとは、また違う進め方で行っているワークに

なります。


個人セッションは、マンツーマンで約2時間の中でテーマに

なっている部分を探し求めながら解決へと導かせていただきますが

グループワークの場合は目的が異なりますので

最初からの進め方が違ってくるのです。



以前、ハワイ島女神合宿ツアーで胎内退行ワークショップをさせていただいたとき

お母さまを亡くされたばかりの方も参加されていて

大きな声で泣きだされたことがありました。。。


では、そんなことも起こりうる場合にどうしたらいいのか?

心地よさを感じるだけではない領域を感じた場合のケアは?


グループワークの場合は個人セッションよりも

はるかに心配ることも多くて

全体を感じ取りながら進めていくようにしています。
 

 



女性性、母性の時代といわれるこのときを迎え


20年ほど前にラ・ミューズ(女神)というネーミングで自然療法スクールをスタートさせてきたことに

運命というか魂のブループリントに我ながら感動しています。



そして、誰もがお母さんの胎内から生まれてきたことを

思い出してゆくプログラムを作ってゆくことになりました。


このところ、引き寄せが半端ないんです。

これは、ひとえに見える応援

見えない応援が沢山きているのだと感じています。


これから、ますます心込めてまいります。



久留米市成田山の日本最大級慈母観音像