「自分が使うものを自分でつくる」ワークショップ | エコでシックな 湘南ナチュラルライフ☆手作り作家la luneの温活diary

エコでシックな 湘南ナチュラルライフ☆手作り作家la luneの温活diary

豊かによりナチュラルに 温活でHappy life ♡
パリのこと バレエのこと そして 時々 電動車いすサッカーのこと


テーマ:

こんにちは la luneです。

 

あっ!という間に梅雨が明け

強風&暑い毎日が続いていますが

皆さまいかがお過ごしでしょうか?

 

7月14日のEnergy Hand Station鎌倉では

la luneのライナー型ハーブピローの温活体験をしていただけます。

暑い季節になっても

腹部や股間、お尻まわりは

実は思いのほか冷えているのです。

試しにその部分にピローを当てていただくと

どの方も一様に「え!!!」という反応をされます。

そして、「ほっとする・・・」「温かくて気持ちいい」とおっしゃいます。

本当かな?と思われる方は

この機会にぜひ体験していただきたいと思います。

 

そして

今回初の試みである

「自分が使うものを自分でつくる」ワークショップを同時開催します。

このワークショップでは

ライナー型ハーブピローに使う

カバー・ナプキンとピローカバーを手作り致します。

 

今から16年前になりますが

私はどうすることもできない体調不良に見舞われました。

アレルギー性鼻炎を発端に

食欲不振、不眠、鬱症状、化学物質過敏、パニック障害 等々・・・

外出することもままならず、辛い日々を送っていました。

 

特に化学物質過敏に関しては

今まで普通に使っていた洗剤やシャンプー、歯磨き粉や芳香剤、

全ての香りが鼻につき、時に卒倒してしまいそうになるときも。

特に、歯磨き粉はダイレクトに口に入れるもので

その強すぎる香りには閉口したものです。

刺激の少ない歯磨き粉を探したことがきっかけで

今まで使っていた洗剤、シャンプー、歯磨き粉、など全てが化学物質でできていることを知りました。

情けない・・・えーん

そして市販されている生理用ナプキンの怖さも同時に知ることとなりました。

 

その時に出合ったのが

角張光子さんの「魔法のナプキン」という小冊子でした。

 

布製のナプキンを使用すると、使って洗った時の自分の中に起こる変化が、確実な手ごたえとなって返ってきます。

自身の経血の色で体調や食とのつながりが見えてきたり・・・・中略

便利と手軽に流されて、企業の宣伝文句をそのまま鵜呑みにして買って使い、自分の身体から聞こえてくる不調の声には耳を傾けることなく毎月を過ごしてきてしまったのではありませんか。

--角張光子著 ひろがれひろがれエコ♡ナプキンより--

 

この出合は私にとって とても衝撃的でした。

布ナプキンを手作りし、実際に使い、そして体調不良を克服し

やがて母となりました。

 

この経験をもとに

ライナー型ハーブピローを考案し、カバー・ナプキンを組み合わせて温活に使うことにしました。

これはまた よもぎ蒸し愛好家の皆さまのご要望をヒントにさせて頂きましたウインク

 

無漂白、無蛍光ネル地とオーガニックコットンダブルガーゼを使用していますので

敏感な部分に安心してお使いいただけます。

 

「自分が使うものを自分でつくること」それは自分自身の心と体にしっかりと向き合う時間でもあるのです。

お申込みは

温活体験カフェ鎌倉↓↓↓

http://ehaj.jp/kamakura/

 

花が咲き乱れる鎌倉へあじさい

お申込みをお待ちしております!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

lalunenonさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス