お腹のまわりが気になる!

テーマ:
ぽっこり出たお腹や猫背をなおしたい!

ピラティスをやってみませんか?
モデルさんやアスリートに大人気なのはどうしてでしょう?


🌼ピラティスってなんだろう。

よく言われるのが、コア(体幹)のトレーニングです。
コアって何ですか?
コアとは、核であり、中心部を言います。
パソコンならCPUかな?

人間なら人体の核となると
内臓を包み込む4つの筋肉
腹横筋 、  
横隔膜 、 
骨盤底筋群、
多裂筋です。

この筋肉を使って骨盤や脊柱(背骨)を正しい位置に整える、これもピラティスのエクササイズの特徴です。


🍀補足すると
骨を意識して動く事がピラティスです。

だから、インストラクターは、骨盤の位置はどこか!
とレッスン中に言葉にしています。
骨盤の位置が正しいところに安定させるには、インナーマッスル(深層筋)は、ある程度の筋力を必要とします。

インナーマッスルを鍛えるから、コア(体幹)のトレーニングだと言われます。

🌼もうひとつ、ピラティスについて言えること!

ピラティスは何よりも正しい呼吸を学びます。

代表的なピラティスの呼吸に

「胸式ラテラル呼吸」があります。

胸式と聞くと肩で浅い呼吸をするイメージがありますが、肋骨の下部、脇、背中を広げる横隔膜を意識する呼吸です。

鼻から優しく吸って、口からはく!
深い呼吸を学びます。

最近の子供や若い人は、口呼吸が多いようです。
口から呼吸をするとウィルスをもらいやすい。
鼻呼吸をこころがけましょう。

ピラティスで使う呼吸は、その他にも「スニッフィング(匂いを嗅ぐ)呼吸」や「片方の肺での呼吸」等、動きや目的によって使い分けます。

⭐️コアを起動
ピラティスでコアを起動するときにスクープをかけます。

骨盤周りの筋肉の安定です。
「ぎゅっーとしめて!」
「お腹を薄くして!」って
指導される場合もありますが、全力でお腹しめて固めるのではありません。

コアを起動するのは、安定であって固定ではないのです。
水は水のままで氷にさせないのです。

全力の力を10とすれば、コア起動が1~2程度でよいのです。
そこから動きが加われば3~4 、5~6とあげていき、骨盤を安定させます。

❇️ピラティスは、重力をうまく利用します。

身体力学によって安全で効果的なエクササイズが行えるのです。


☺️骨を意識して筋肉を使うピラティスに興味を持っていただけましたか?

ラルーチェボディスタジオ
ピラティス  ヨガ  ハワイアンフラ

体験実施中

千葉市 花見川区 幕張本郷
駅から2分