腰痛で悩んでいる方は、非常に多いですね!
腰痛の原因は多様ですが、骨や椎間板に大きな問題がないのに腰痛がある方もいますね。

腰痛!
とりあえず、マッサージで楽になりたい。一時的に良くなって気持ちいいですね。

しばらくすると傷み出す人は、
腰痛の原因が腰の筋肉ではないことが考えられますね。
 
腰痛を起こす原因が別にある事は多いようです。
 
脚の筋肉の不具合から腰痛が引き起こされたり…

それは、筋連鎖(きんれんさ)です。
 
①腰痛は、脊柱起立筋(背骨の筋肉)や腰方形筋(腰の筋肉)が固まることで引き起こされることも多いのです。

脚の緊張が腰に伝わり、脊柱起立筋・腰方形筋の緊張を高めます。
  
②太ももの裏側ハムストリングスの緊張によって、骨盤底筋群の働きが悪くなります。
 
ピラティスでよく意識する骨盤底筋群は腹圧を調整するインナーマッスルの1つですが、この筋肉の働きがにぶると、股関節の動きが悪くなります。
股関節の動きが悪くなると、股関節の機能を膝や腰でカバーします。
 
必要以上の負担が腰にくる。
 
また、インナーマッスルの活動が悪くなり、それぞれの筋肉が固まり、付着する骨の可動性を小さくします。
インナーマッスルは、横隔膜・腹横筋・多裂筋・骨盤底筋群で構成されています。
ピラティスで必ずパワーハウス意識する4つですね。

腰痛改善には
脚の筋肉をストレッチしたり、
インナーマッスル鍛える事を心掛けましょう。

ピラティスで腰痛改善!
体験実施中
千葉市花見川区幕張本郷
駅から2分

ピラティス、ヨガ、ハワイアンフラ、ストレッチ
女性専用スタジオ
0432727778



AD