人食いバクテリアについて

全身の細胞を破壊し、
多臓器不全を引き起こし、致死率は、30%とのこと。

60歳以上が70%をしめる。
免疫力が下がってくる高齢者は注意しなければなりません。
しかし、高齢者だけの問題ではないのです!

人食いバクテリアとは、
劇症型溶血性レンサ球菌感染症をいいます。

普通に存在する菌であり、咽頭炎などを引き起こす菌が突然変異すると人食いバクテリアになるといわれます。

細胞を破壊するはやさは、1時間に23センチ、皮膚から入ってもあっという間に血管にすすみ、全身にまわってしまう。

24時間以内に死亡する可能性も高いのです!


傷口から感染することが多いと聞いていますが、特に足の傷からだそうです。
足の腫れ程度だと思っていてもそのままどんどん進行し、死亡する場合もあるのです。

※要注意
人食いバクテリアに感染しやすい人は…

免疫力が低下している人
持病を持っている人(糖尿病、肝硬変)

アトピー性皮膚炎の人は、皮膚から菌が入る可能性があるようです。

※見極め方
患部があかくなる、それが赤から紫になっていく!
高熱が続く!
このようになったら、人食いバクテリアを疑いましょう。

ペニシリン系抗生物質が効くそうです。

知識として記憶しておくのは対応が早くなるのです!
おかしいな?と思ったらすぐに医療機関に!

予防する為に日頃から免疫力をあげましょう!
運動は、免疫力をあげるマジックピル!


千葉市花見川区幕張本郷
ラルーチェボディスタジオ
ピラティス、ヨガ、ハワイアンフラ

女性専用スタジオ
0432727778
体験お待ちしております!
AD