お尻の筋肉と更年期

テーマ:
お尻の筋肉が少ないと更年期障害の症状もあらわれると言われています。

筋肉は、最大の臓器であり、下半身筋肉は、全体の筋肉の70%をしめます。

下半身の筋肉は、腰より下の内蔵に大きな影響をあたえます。
女性は子宮、卵巣への血行が悪くなり、女性ホルモンの分泌が少なくなり更年期障害の症状(頭痛、めまい、動悸、ホットフラッシュ等)もあらわれます。

そしてお尻の筋肉は、二足歩行をするのに関係します。

ゴリラ等、類人猿は強い脚の筋肉があるにもかかわらず、腕を補助的に地面につけて歩いています。
それは、お尻の筋肉が人間より小さいから腕を使わないと二足歩行ができないのです。

人はお尻の筋肉(大殿筋)がせっかく発達しているにもかかわらず、残念な事に運動量が減って弱っています。

鍛えないとそのうち、ゴリラさんのように歩いているかもしれませんね!
貴女のお尻は大丈夫ですか?

千葉市花見川区幕張本郷
ラルーチェボディスタジオ
ピラティス、ヨガ、ハワイアンフラ
只今体験は、無料です。




AD