肩の痛み、予防とリハビリ

テーマ:
五十肩の予防、肩のアウターマッスルとインナーマッスルについて

表層にあって触れることができる筋肉がアウターマッスル

深層にある筋肉がインナーマッスル

アウターマッスルは、大きな動作、パワーを発揮する直線的な動きなのに対し、インナーマッスルは、ひねりの動作や間接を安定させる働きをします。

肩の使いすぎによる症状でインピンジメントシンドロウムがあります。
野球やテニス、バレー等のスポーツで起こりうる。

予防やリハビリには、インナーマッスルのトレーニングが有効です。

肩のインナーマッスルのひとつ棘上筋は加齢によって衰えやすく、これを鍛えると五十肩の予防になります。

千葉市花見川区幕張本郷
ピラティス、ヨガ、ハワイアンフラ
ラルーチェボディスタジオ
0432727778
只今体験は、無料です。


AD