貧血の血とはどんな血か!

テーマ:
勘違いしやすいのは、立ちくらみ、それは脳貧血!
一時的に脳に血液が行かないだけで貧血とは違います。

貧血の血とはどんな血か!

貧血が引きおこした恐ろしい病気とは!

いわゆる貧血とは、ほとんど鉄欠乏性貧血、赤血球の形が変化し身体中の酸素が少なくなり、心臓に、負担がかかります。

症状として爪が反り返る。
氷などを食べたくなる。

貧血には、他に慢性疾患の炎症よる貧血があるかもしれない。

隠れ貧血、肝臓にありフェリチンがへってくる。
女性の場合は子宮筋腫を疑いましょう。

食事で改善!
偏食の人は鉄分不足してしまいます。
小松菜やかつお、ひじき等
ビタミンCをとると鉄分の吸収を良くします。

コーヒーやお茶を一緒にとると吸収を妨げるので注意!


貧血のかたは
疲れやすい。
階段や坂道で息切れする。

ピロリ菌があると鉄欠乏性貧血になりやすいので、一度検査をおすすめします。

千葉市花見川区幕張本郷
ピラティス、ヨガ、ハワイアンフラ
大人の女性のスタジオ
ラルーチェボディスタジオ
体験は、無料です。
AD