1923年頃の西洋と日本のファッション ゼロの時代のはじまり、 | パーソナルスタイリスト Lエル 外と中を繋げるスタイリング tendon

パーソナルスタイリスト Lエル 外と中を繋げるスタイリング tendon

外側から一滴の雫をおとす……じわじわと広がる中からの輝き
外側からの味付けで自然に中身にも味が出てくる。

外と中を繋げるスタイリング tendon




毎日暑いですね
水分補給忘れないよう
熱中症に気をつけてお過ごし下さいね
おねがい

こんにちは

外と中を繋げるスタイリング
tendon
パーソナルスタイリストLエルです



写真 1923年ごろのvogue  


日本と西洋のファッション 文化
1923年
日本でも有名なVOGUE誌 は
パリ イタリア ニューヨークで 
専属の画家にファッションを絵で
描かれていたようです。

今 振り返って見ても
おしゃれだし今っぽいし
時代にとらわれない作風がたくさんあります。


クローゼットで靴を選んでいる女性の絵
メイドさんが手伝ってますね、



 今流行の
ティアードデザインワンピース
アシメトリースカート 100年前びっくり

お部屋の壁紙やソファ クッション 
ファッション 
今の日本文化に重なりませんか?ニコニコ
壁紙までは違っても
ハイクオリティーマンションの
モデル風景みたい ……
今から100年前 のVOGUE誌



100年前の
日本は大正時代晩期 昭和初期 モダンガール
1920年代の都会に西洋文化の影響を受けて
新しい風俗や流行現象に現れた
当時は先端的な若い男女のことを、
主に外見的な特徴を指してこう呼んだ。そうです、



この頃の日本は
西洋に負けず劣らず
粋で なんだか今っぽくも感じます。


一部の人だけの写真かもしれないですが
その後
戦争の影響で
ファッションへの文化が途切れてしまいます。


1930年頃の日本のファッションは
海外からも一目置かれていたみたい

洋服と和服の4人のモガ
モガとは、モダンガールの略 


戦争が起こることなく
日本に西洋のファッション文化が
真っ直ぐ入っていたら

和文化である日本も
ヨーロッパに近い独自の服装が
また違った形で
生まれたのではないかと思えたのでしたキョロキョロ



日本人は服が苦手なイメージがあるけれど、
これらを見たら違う気がします。


戦争でファッションが一旦
ゼロになってしまったからこその

迷子
戦後 数が少ない中から
与えられたもの 売られているものを
そのままに着る 、に
なってしまったから

感性や感覚さえゼロになり

あれだけ
アートを身近に感じながら生活していた
大正時代を経験した日本人

おしゃれに敏感で
センスも良いはずですおねがい






戦争って
失う物が大きい、





振り返って 今の時代は
大正時代の服装が
新鮮さを感じ 

それぞれの個性を引き出せる時代



たくさんある中から
何が似合って似合わないか?
何が好きで好きじゃないか?

自分のニュートラル(ゼロ)
理解したもの(人々)が生きやすく、

自立したスタイルになっていくのだと
大正時代から昭和初期の
文化 ファッションを振り返って


またはじまりになってるんだって
思うのでありました。



∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ 





見ていただきありがとうございました。

…………………


人それぞれ似合うSTYLEはちがいます
あなたに似合う着こなし方
あなたの魅力をシンプルstylingに導きます


令和 6/26リニューアルオープン
ホームページ

8月最新ご予約空き状況→
9月最新ご予約空き状況→

近日イベント
8月26日 月曜日
開運マンツーマンセミナー→
京都烏丸レンタルシェアサロンK
残席2名


コースメニュー

◉開運スタイリングコース
(ショッピング同行)
はじめての方のためのコース
詳細はこちら→☆☆☆


◉リピーターコース
開運スタンダードコースを体験された
2回目以降のかたの為のコース
詳細はこちら→☆☆☆




*****

◆お申し込み お問い合わせ →☆☆☆

*****


自己紹介
パーソナルスタイリストLエル
プロフィール★★★
プロフィール★★★

Lstyle
似合う服にはセオリーがあります
セオリーLのエッセンス
モデル歴28年

外側から一滴の雫をおとす…
じわじわと広がる中からの輝き
外側からの味付けで
自然に中身にも味が出てきます。

外と中を繋げるスタイリング
tendon

▪︎ ▪︎ ▪︎