キャベツフォーカシング | 香りと心のカウンセラー☆~水野生惠~in名古屋

香りと心のカウンセラー☆~水野生惠~in名古屋

13年間ネットショップ( http://www.aromafan.com/ )を運営中♪
自宅(古民家)の和室サロンでは、アロマとココロの勉強会を主催しながら
心理カウンセラー&東洋系星読み師としても活動中。


テーマ:

うす~く曇った火曜日~。

今日も午後からフォーカシングのモニターさんご来店予定。

たのしみですにゃ。


さて、昨日ちょっと書いた「キャベツ」に関するフォーカシングの話。



どんなプロセスだったか説明すると、フォーカシングのことが少し

わかるかもですね~。

なので、書いてみようと思います。


ただ、ワークショップでのことなので、ざんねんながらアロマは

使っていません(^^;



フォーカシングは、何か「気がかり」に焦点をあわせて、それについて

見ていく、ということができます。


その気がかりに、私は「キャベツ」を取り上げました。

練習セッションのため10分くらいしか時間がないので、軽めのネタに

しようと思ったわけです(^^;


でも、それが意外に深かった。。。



キャベツ。。。


その日、ホテルをチェックアウトする時(東京でのワークショップでした

ので~)、いつも通り、入念に忘れものチェックをしてきました。


それなのに、ホテルを出て数歩あるいた時、あっ、と気付いたのです。


ホテルの冷蔵庫に朝ごはんにしようと買っておいた千切りキャベツを

忘れてきたのを。。。



「あちゃ~、もったいないことしちゃった~、まだ食べられたのに~」

「キャベツにもかわいそうなことしたな~、捨てられちゃうだろうな~」


その時感じたのは、そんな感じでした。


でも、まだ何かちょっと引っ掛かっている。。。そんな気がしたので

フォーカシングしてみたわけです。


で、フォーカシング開始。


目を閉じて、その出来事について感じて見た時、胸のあたりがキュッ

と縮む感じがありました。


まずは、そういう「感じ」があることを認めてあいさつします。

「胸がキュッとした感じがあるんだね。。。こんにちは」という感じで。

(ちなみに、この「感じ」をフェルトセンスと呼びます。)


すると、それだけで縮んだ感じが少しゆるみました。


そしてゆっくり、その感じと一緒にいると。。。最初はすでに言葉に

なっていた部分「もったいないな」とか「かわいそうだったな」とかが

感じられるのですが、それ以外に何か。。。まだあるな~、と感じ

られます。


そこで「何かもっと言いたいことがあるの?」って、その「感じ」に

聞いてみます。


そしてまた少し待っていると


「見落とし」という言葉が浮かんできました。


あ、これは重要な言葉だな、と感じました。



そして、

「「見落とし」ってメッセージを受け取ったよ」ということを、その「感じ」

に伝えます。


すると、胸のキュッとした感じはさらにゆるみ、胸が広がってゆく感じ

がしてきます。

体感イメージで、ふわ~っと輪が広がってよくような。


そしてもう少し「見落とし」ということにフォーカスしてみました。


すると、「普段の生活の中でも見落としてることがいっぱいある」と

いう感じがしました。



そのあたりでだいたい10分経ってしまったので、そのプロセス全体に

「見落とし」というラベルを付けて、「ありがとう」と感謝して終了しました。




・・・この「キャベツわすれちゃった」事件(^^;について、何も感じよう

としなければ、「うっかりわすれちゃった~」で終わっていたと思います。


でも、こうして丁寧にフォーカシングしてみることで、ただ「忘れた」という

ニュアンスとは違う「見落とし」という重要なキーワードが現れました。


実は、この日はそれ以降も「見落とし」を確認させるような小さな出来事

が2~3回ありました。

(ちょっとしたことを「見落とした」こと。)



なので、帰りの新幹線の中で、この続きをフォーカシングしていたら、

「見落とさないためには隙間を埋める」とか

「興味と好奇心をもって注意深く見る」とか

メッセージはさらに深まっていきました。



始まりはたかがキャベツ。。。(^^;

でも、自分の内側にはなかなか豊かな世界が広がっていて、いつでも

受け取る気持ちがあれば、それを私に教えようとしてくれているのでした。

こんなちっちゃいネタでも時間をかければここまで来ますからね~。




・・・ちなみに、このプロセスにもアロマを使いたいところはいくつかあります。


最初に自分の内側に入る時、途中で行き詰まりかけた時、最後にいろいろ

納得して気持ちよく終了し、このプロセス全体の「ラベル」として使う、などです。



フォーカシングには、「クリアリング・ア・スペース」という、たくさん気がかりが

あるような時にとりあえずスッキリした心を作るための方法が含まれることも

あります。

そこでもアロマは使えるな~、と感じていて、いろいろワクワク考えている

ところです。。。♪


水野生惠(ヤスミン)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス