●レントゲンを撮っても異常がない「膝痛の原因」

こんにちは。肩こりを最短で解消する

仙台で肩こりなら根白石整骨院 
院長の荒川です。

膝痛でもいろいろ種類があり、病院などで「原因がわかるもの」と「原因がわからないもの」があります。


スポーツ障害でおこる膝痛は
「半月板損傷、靭帯損傷」

軟骨がすり減り変形しておこる膝痛
「変形性膝関節症」

他にもリウマチや痛風などの病気で膝痛がおこることもありますが、

これらは病院でレントゲン撮ったり検査をすることでわりと安易に診断されます。

原因がわかっているものと言えます。

その他に、レントゲンを撮っても異常がみられない、原因がわかりにくい膝痛があfります。


飛んだり走ることでおこる膝痛は「ランナーズニー、ジャンパー膝」

O脚・X脚でおこる膝痛、鵞足炎などもレントゲンを撮ってもわからないことが多くレントゲンに異常がでない、病院で原因不明と言われる膝痛で悩まれている方は少なくありません。

では、
なぜ原因不明に膝痛がおこるのうか?

●膝痛の原因
レントゲンではわからない膝痛の原因は「筋肉」に問題があることがほとんどです。

どのような状態になっているかというと、

1、筋肉が硬くなっていて痛めやすい。
2、負担のかかりやすいバランス状態になっている。
3、負担のかかる使い方をしている


これらが言えます。
具体的に説明していくと


1、筋肉が硬くなっている
この言葉、筋肉が硬くなっているという言葉を聞くと「ストレッチすれば良い!」と思う方が多いと思いますが、そうではありません。

何らかの理由(生活習慣・クセなど)によって緊張状態が続いているのです。

坐骨神経痛やリラックスできない方(自律神経の不調)もこれらにあてはまります。

坐骨神経痛の原因になっている腰の状態の悪くなっていたり、脊柱管狭窄症になっていても膝痛がでますよ!!

2、負担のかかりやすいバランス状態になっている

サイズの合わない靴を履いたり、足首の状態が良くないなどで膝に負担がかかりやすくなります。

O脚になっている人、靴底の外側に重心がある人のことです。


3、負担のかかりやすい使い方をしている。
立ち方、歩き方が正しくない使い方・動きをしている人です。
膝の使い方が悪くなっている内股になっている人もこれらに当間貼ります。

上記のような問題はレントゲンではわかりません。

全身をみてくれる整体では、身体の状態・動きをみればわかります。

病院で「原因不明」「レントゲンに異常がない」t言われた時は、全身を診てくれる整体などに相談してみると改善されていく可能性が高いです。

諦めずに、専門家に相談してください!!

下記の関連記事で膝痛の「「治療方法」について書いていますので、ぜひ参考にしてくださいね~



【関連記事】
膝痛の治療を仙台でお探しの方へ



肩こり腰痛を最短で改善する

仙台の首こり 根白石整骨院
●交通事故自賠責取扱い・労災指定院です


【ご予約お問い合わせはこちらより】

◆フリーダイヤル(携帯OK)です!

予約したいです』とお電話ください。

スマホの方はクリックするとかけれます。

0120-333-163 

24Hネット予約システム 
(メールでのお問い合わせは24時間受付中です) 
(当院は予約制です)


    【受付時間】 
(平日)9:00~12:00

   14:00~19:00

(最終は19:30スタート)

(土)9:00~16:00

※木曜の午前・日曜はお休みとさせていただきます。

祝日は土曜日と同じ時間で診療しております。



【メニュー記事一覧】

プロフィール /施術の流れ /患者様の声

料金システム /当院が選ばれている3つの理由

良くある質問 /アクセス /スタッフ紹介

交通事故について 

【どんな事するんだろう?と不安な方はこちら】

初心者はじめての方へ