アジアで 男余り 1億人

テーマ:

皆様、こんにちは!

カウンセラーの須坂ですニコニコ

今日は男性の婚活について書きたいと思います!

 

Too many men という日本経済新聞の記事を読んだことがある人もいるかもしれません。出生時の自然な男女比は、女児100人に対して男児105人前後。

 

なのに!アジアとりわけ父兄社会の中国では家を継いでもらうためには男児が必要でした。1979年から始まった一人っ子政策で妊娠中女児だとわかった時点で堕胎したり、戸籍に載せてもらえなかったり、ネグレクトされたり・・・と男女比が極端に歪んでいます。

それは、インドでも同様で、2015年時点ではインドの人口全体で男性が女性より約4800万人多くなったというのです。

 

日本はどうでしょうか?

 

 

日本でも、ほとんどの年代で男性が余っています。

55歳以上でやっと女性が多くなりますが、ほとんどの年代で常に男性が余っている状態。

50代半ば以降は逆転して女性のほうが多くなるのは、疾病などで男性のほうが早く亡くなるから。

 

会員さんのプロフィールを拝見していても、30代の会員さん達のお父様はすでに亡くなっていらっしゃる場合は正直多いです。私も実父を36歳の時に亡くしました。(父は64歳でした)

 

今日申し上げたいのは、「いつかは結婚したい」と考えている男性の皆さんは、早く婚活をして結婚したほうが良い、ということです。50代後半で女性の人口が多くなる、という現実を考えてみてください。40代の男性の皆さん、自分はいつまで生きていると思いますか?

意外に自分の人生、あと10年~20年かもしれません。

 

日本語だけでなく英語を話せる女性会員さんはとても多いです。英語を話せる女性会員さんは人種関係なくお相手を探していらっしゃる方もいます。

アジア全体で男性が余っている、ということは、中国人やインド人の男性に日本人女性を持っていかれるかもしれない、ということです。

婚活市場も、皆さんが想像している以上に国際化が進んでいます。

これからもどんどん進むと思います。

 

「仕事に邁進していたらこんな年齢になってしまいました」

40代男性のプロフィールでよく目にする文言です。

ただの「計画性のない男性」です。

 

40代になって俺はまだイケる、と過信している男性の皆様。

現実に目をむけ、建設的な婚活をしてください。

20代からみると40代は「上司にしか見えないオジサン」なんですよ。アラフォーの素敵な女性達に目を向けましょう。

 

王冠王冠王冠王冠王冠王冠王冠王冠王冠王冠王冠王冠王冠王冠王冠王冠王冠王冠王冠王冠王冠王冠

 

 無料カウンセリング受けてみませんか?  

 

関東在住者、若干名新規入会者を募集いたします。

海外赴任者、地方在住者の

SKYPEカウンセリングは通常通りです。 
お問い合せからカウンセリングのリクエストを入れてください。
(お電話での受け付けは対応しておりません)

 

国際派・海外赴任者・海外赴任予定者が利用するララストーリー

  
お問い合せ   info@lala-story.com