人間は困難な物事に立ち向かう前にあらかじめ「予防線」として何らかの言い訳をしてしまうものです。

 

それも無意識にしている事が多くあります。

 

あなたの婚活が上手くいかない時は、あなたはどのような言い訳をしているか考えてみてください。

無意識ですから、そう言われても気が付かないかもしれませんね。

 

ただ、どのような言い訳をしているのかを理解する事で、どうして今まで婚活が上手くいかなかったのかわかります。

 

1. どうせ申し込んでも断られるだけだし。。。。

 

といつも口癖のようにお申込みをしない言い訳を言っていませんか?

 

傷つけられたくない為に、本当に断られた時の予防線を張っているのでしょう。

でも、あまりに自分を卑下した物言いをしていると、いつしか周りの人からもそのようにみられるようになり、本当に断られるだけの人になってしまします。

あまりに自分を過大j評価するのもどうかと思いますが、少しは自分を信じて、そして素直になってみてください。

自分にとって良いご縁がきたら、そこから逃げずに素直になってチャンスを掴み取ってください。

 

2. もう37歳になっちゃった。

男性は30代前半までの女性と結婚したいのだから、私は選ばれるわけがないんだよね・・・・・

 

自分が20代だったら、結婚出来ていたのに、もうその年じゃないから結婚出来ない、と言い訳をしていませんか?

 

37歳という年齢のせいにする事で、ご自身の心の痛みは和らぐかもしれませんが、ますます結婚から遠ざかります。

 

どうしようもない現実、変えられない過去の所為にするのは、辞めませんか?

 

37歳でも40歳でも結婚する人は結婚しています。

同じ土俵で相撲を取るべきです。

過酷な現実に立ち向かってください。

 

3. 大切なお見合いになると、体調を崩してしまう

 

前日までは張り切って、明日のお見合いの事を考えてワクワクしているのですが、前日の夜、あるいは当日の朝になると、何となく熱がある、体調が悪く、人と会いたくない。。。。。

 

あまりに期待値が高いと、これも知らず知らずのうちに、自分の中でプレッシャーになっている事があります。

ドキドキして食事が不規則になったり、睡眠が浅くなったり、、、

断られたらどうしよう?不安だ。いっそ、明日が来なければいいのに。お見合いがなくなればいいのに・・・・・!!

と、昨日までのあのときめきはどこに行ったのでしょう。。。

期待より断られる不安の方が大きくなっていませんか?

 

大丈夫。

笑顔でお会いすれば、大体は楽しくお見合いが出来るものです。

一つづつ、淡々と出来ることをしていくだけです。

不安になったり、ドキドキが激しくなったら、人という文字を3つ手のひらに書いて飲み込んでみてください^^

学芸会で使ったおまじないと同じです。。。。

 

4. あまりに大きな獲物を狙い過ぎる

「わざと自分にはできないような問題に取り組むことによって、失敗しても『できなくて当たり前だったよな』と自分に言い訳をしていませんか?

 

「20代のすごくかわいいモデルの女の子」

「30代、年収3千万円の開業医の男性」など

お申し込みは常に競争率が異常に高い相手ばかりになっていませんか?

ハイスペックな男性、若いく美人の女性を見つけるとなりふり構わず、全員にお申込みをするタイプの方達です。

 

山は高ければ高いほど良い、そんな山を征服できる自分の勇姿を想像してうっとりしていませんか?

 

でも心の底では、現実もわかっているのです。

自分のスペックから目を背けないでください。

 

結婚は幸せになる為にあります。

あまりにかけ離れたスペックのお相手は、長い結婚生活において、破綻する可能性が高いです。

 

 

さて、あなたはどのタイプだと思われましたか?

自分の弱い面に目を向けるのは、本当に辛いことです。

そんな時にカウンセラーに相談してください。

アドバイスしたり、励ましたり、時には諫めたりして、そこから脱出する方法を一緒に考えます。

頑張って!!

 

   王冠王冠王冠王冠王冠王冠王冠王冠王冠王冠王冠王冠王冠王冠王冠王冠王冠王冠王冠王冠王冠

 

    無料カウンセリング受けてみませんか?  

 


若干名新規入会者を募集いたします。

8月の入会者が多かったため、対面カウンセリングは9月2週目からのご予約となります。SKYPEカウンセリングは通常通りです。 
お問い合せからカウンセリングのリクエストを入れてください。
(お電話での受け付けは対応しておりません)

 

国際派・海外赴任者・海外赴任予定者が利用するララストーリー

  
お問い合せ   info@lala-story.com