毎日、とろけそうになるほど暑い日が続いています。
朝、庭に出る為、窓を開けると何時も私より先に飛び出す我が家のワンちゃんも
この暑さのため部屋から出ようとはしません。
なんというお犬様だ!!

さて、この暑さの中、爽やかな涼しい御話を書こうと思えば思うほど、暑苦しい話ばかり思い出すのです。。。。
そして、3週間が過ぎ、ブログの期日がやって来ました。
もう、涼しい話を探している場合ではありません。


数年前、You Tube でスーザン ボイルの歌う”夢やぶれて”を聞いた時、
本人の見た目(失礼!私と大して変りませんが!!)と
歌声の清純さのあまりのギャップに衝撃が走りました。

去年公開された映画”レ・ミゼラブル”で、また”夢やぶれて”を聞いて、
このところ"夢"について考える機会が増えました。

私達は小さい頃から
”夢を持って生きていきなさい”、
”貴方の夢は何ですか?”

と常に”夢”を良き物、すばらしい物、
と考るように教えられています。。

若いころは漠然と
その”夢”がいつか”現実”になると思っています。
このころはまだ、”夢”はよきもの、私を勇気付けてくれる心の友です。
辛い事があっても
”夢”を持っていると、
明るい未来が心に広がって、また頑張れるのです。


でもいつの頃か、
”夢”は所詮”夢”
どんなに頑張っても厳しい現実に突き当たる事がある
と気づく日がやってきます。

きっかけは人それぞれです。
両親の離婚だったり、
失恋だったり、
失業だったり、
また、近しい人の死だったり・・・・

その頃から、
”夢”だけでは生きていけない、
ありのままの現実を受け入れないと生きていけない。
と気づく日が訪れます。


結婚も

夢見る夢子さんからすると、

夢破れた現実

かもしれません。

でも”現実を受け入れる”

というのは決して悲しい事ではありません。

それどころか、
”受け入れる”事ができると、
日常の何気ない事がすばらしい事だと気づきますし、
それがいかに暖かく私達を包んで癒してくれるものか、
という事にも気づくはずです。

”夢やぶれて”
ではなく、

”夢から覚めて”
生きる生き方を見つけてください。

頑張って!!







婚活相談会実施中!
9月、10月の無料カウンセリング予約受付中です。


海外赴任の方は、SKYPEでカウンセリングいたします。


詳しくはHP  www.lala-story.com


お問い合せ   info@lala-story.com








にほんブログ村