筋膜リリースの主な効果は筋膜の癒着、高密度化の改善です。

筋膜に刺激を加え、粘性を下げて筋膜間のすべりをよくします。

血流をよくしたり水分を組織に供給しやすい状態にし柔軟性と弾力性を与えます。

筋膜はがしやリリースという言葉から筋膜をべりべりはがしたり、組織を溶かしたりなどの間違ったイメージが伝えられていることもありますが、基本的に筋膜のコラーゲン繊維は手の力くらいでは構造は変えられないし、はがれないし、溶けることもないです。

人の手で変えられるぐらい簡単に構造が変わってしまうと椅子に座る度におしりは平になります。

ただし、構造を変える方法もあります。

筋膜の性質には、粘性、弾性、塑性、リモデリングがあり、それらの性質に対して圧や伸長ストレス、弾性ストレスなどを繰り返し長期にわたって加え続けることによって徐々に組織を変えていくことができます。

本来、筋膜は水分豊富でみずみずしく、とても柔軟性があり、生きている筋膜同士は滑らかに滑ります。

 

しかし現代の生活習慣はどんどん身体を使わなくなっています。

普段使っていない部分は組織の可動性が悪くなって癒着が起きたり、組織が高密度化して動きにくい身体になっています。

 

筋も血管も臓器もすべて筋膜に覆われているので、筋膜間のすべりが悪くなっていると様々な臓器や組織に影響がでることもあります。

今の身体の状態は、毎日の私たちの動きに適応して作り上げられたものです。

 

今の身体の状態がもし心地よい状態でないのだとしたら、動きのパターンを改善する必要があります。

組織を圧迫したり、伸ばしたり、弾むような動きをすることによって筋膜も今までと違った柔軟性のある状態や強い組織に生まれかわっていきます。

 

筋やfascia(筋膜)にアプローチすることにより、通常のマッサージやストレッチでとることができなかった凝り、痛み、自律神経のアンバランスなどが改善していきます。そして、それは精神や心の癒しやエネルギーの充足にもつながることがあります。

 神経、筋や筋膜が本来の正常な状態にもどることで姿勢が改善してきたり、内臓の働きがよくなったり、深いリラックス効果を感じることもあります。