秋のテーブルコーディネート【伝統工芸×サンドイッチ】Part2 | 北陸・福井県 Salon LAKSHMI(サロン ラクシュミー)/料理家・美容家が贈る❁暮らしを彩るお教室

北陸・福井県 Salon LAKSHMI(サロン ラクシュミー)/料理家・美容家が贈る❁暮らしを彩るお教室

料理家、美容家、ライターとして活動中。
ライフスタイル提案型サロン、Salon LAKSHMI(サロン ラクシュミー)にて
ソイフラワーキャンドル、フラワーゼリー、フラワーケーキ、中国茶、紅茶、日本茶、薬膳、発酵など
暮らしに彩りを添える種類豊富なレッスンを開催中。


テーマ:
{942EFD18-60DE-4A94-B2DC-FE28DD75F61C}
MONO CANで先日開催された
【伝統工芸×サンドイッチ】Part2
募集開始と同時に定員を大幅にこえるお申し込みをいただいたとうかがっています。
ありがとうございました。

{17A55BD1-935B-4E92-B60B-4DDF7C65E889}

{3BBBE479-9D3B-456C-BD35-C775627EF726}


{FF2CCDD5-C68A-44EA-AB38-DC93E8072F08}

{57B3858B-6956-41C3-9737-D7F87CC9AD30}

{1B6BAF25-325C-46D0-ADAD-3FA8D5FE4D5F}

{093AC192-B1A2-4E28-8981-B12B037A7506}


滋味深い福地鶏の卵、
旨味がたまらない明城ファームのトマトや2種のケチャップ、トマトジュース、
臭みがなくむしろ香り高い脂がのった福井サーモン、
野菜ソムリエPro.と共に前回同様厳選した野菜達、
表情豊かな越前焼の皿やカップ、
場に華やぎと品格をもたらす越前漆器の重箱、
美しくかつ機能的な越前和紙はランチョンマットや一つ一つ手作りされた持ち帰り用の紙バックとして、
プライベートでも愛用している龍泉刃物さんの包丁や日本未発売の貴重なパン切りナイフ、
越前箪笥からはこちらも私がプライベートで愛用しているまな板、
そしてあまり知られていませんが個人的には日常的にも愛用している福井の水引。
テーブルコーディネートでもそれらを使い、
「秋の自然」をテーマに
野草の合間からのぞく動物と人とが自然の恵みを共有する、という私なりのイメージでしつらえました。
{C098D1E3-40F4-4B7C-8808-E5EB22CE1EDC}

{4ABF8C5D-012D-464B-B7E4-77A8504EE7EF}

{8446EDDA-C2E5-49B1-B996-FA79AD972949}

{0F1208D5-6C64-415B-A93A-1B28E30441C3}


多くの方々の力で福井の食材と伝統工芸を融合させたワークショップ。
企画ミーティングでスキレットを使いましょうというアイディアが出たことで
当日のために何時間もかけてシーズニング作業をしてくださった方々
前日夜から当日ぎりぎりまで設営や準備、装花、洗い物などに関わってくださった方々
素晴らしい写真や動画を記録としてずっと撮影してくださった方々
そしてなにより御参加の皆様、心より感謝申し上げます。
{A2094991-52BA-4F57-9AF3-4FDD37EFC98E}

{5D1C813B-C103-4BDE-9BEA-53149D1BF78F}


サンドイッチはイギリスのジョン・モンタギュー・サンドイッチ伯爵がカードゲームに興じる際に賭事を中断することなく手軽に片手で食せるものをと"薄切りパン2枚に冷製肉をはさんだもの"を用意したことがきっかけに名が付けられたといわれていますが、ずっとそれ以前から「Bread&meat」という名も無き日常食として、古くから存在していました。それらが土地の特性や食文化の中に溶け込むかたちで国や民族の数、人の数だけ生まれていき現在の多様性に繋がっていると思います。
本来、すぐ側にあるパンに冷蔵庫を開けてそのときあったものをはさんでササっと作るものであればいいと思っています。
ですが、今回も前回も参加者の皆様には素晴らしい福井の食材に出会うのと同時に、様々なテイストのスパイスや調味料、ペースト、ソース、パテなどにも触れていただき(実は全て福井のお店で手に入るものばかりなんです!)、
驚きや迷いの中からこれまで感じたことのない新たな味覚との出会いや自分だけのサンドイッチとの出会いの経験をしていただけたらいいなという願いのもと、準備を進めました。
あらたな味覚との出会いは人生を豊かにしてくれると信じて。

次回11/3は椿原シェフがスイーツサンドイッチをレクチャーしてくれる回です。
私は皆様が食事するテーブルのコーディネートを担当します。
こちらも楽しみです。

「福井には手を伸ばせばすぐにそこに素晴らしい人・物・食との出会いがある」
-道廣喜子
{7A405505-4998-46E1-A3E9-5116EB5F4CA9}

{212721C1-0DE1-40F7-9605-FE8C525261C8}


きこさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス