インシテミル 7日間のデス・ゲーム | 映画、言いたい放題!

インシテミル 7日間のデス・ゲーム

藤原竜也、北大路欣也、片平なぎさ、武田真治、
石井正則、平山あや、石原さとみ、綾瀬はるか等、
ともかく超豪華キャストの密室ミステリーで、
監督は中田秀夫と聞けば、
もう絶対観たい感じ。
しかし、良い評判を聞きません。
でも観てみなくちゃ。


時給11万2,000円という怪しい求人広告につられて、
暗鬼館へと集まった男女10人。
アルバイトの内容は24時間監視されながら
“7日間にわたる心理学の実験”に参加すること。
ルールは極めてシンプルなもので
ここで体験する事件を解決すること。
個室にはそれぞれ異なる凶器が置かれ、
発生した事件の犯人を参加者全員で推理し、
多数決で犯人を決定、監獄へ投獄するというものだった。
何も起きずに7日間経過するか、
生存者が2名になるまで暗鬼館に残れば、
わずか7日間で億万長者になれるのだ。
しかし、2日目に銃殺による死者が出ると、
彼らは疑心暗鬼に陥っていく。

ホリプロ祭なんですね。( ^ _ ^;
凄い人が沢山いる事務所なんだと
改めて思いましたが、
逆に、これだけの人を集めてもったいないという感じです。
悪評のわけがわかりました。
まず、人物の描写が浅すぎです。
面白くなりそうなのに、
変なマシンでぶち壊しです。
安っぽくなってしまいました。
もっと人間の心理でことを起こした方が
面白くなったと思います。
アガサ・クリスティの「そして誰もいなくなった」を読んでいれば
何となく予想がついたりするし、
生き残るとしたらこの人、というのも外れないので
それも残念ですね。
CUBE 」みたいに思いきれば良かったのに、
これは序列なのでしょうか?(爆)
皆が芸達者なのも予想を外さずなのですが、
私は平山あやさんが良かったです。
テレビのバラエティ番組では
頭があまり良くないキャラクターですが、
意外にもお芝居はしっかりしています。
余談ですが、
「暗鬼館」が、最初、音で聞いただけではわからなくて
“暗記パン”に聞こえました(>_<)
疑心暗鬼の「暗鬼」なのですね。f(^^;)


原作は面白いらしいですね。
ホリプロさんの人材の厚さだけはわかりました、
という映画でした。
でもそれを知ってもなぁ。。。( ^ _ ^;



ストーリー  ★★

映像     ★★★
音楽     ★★★
総合評価  ★★


人気blogランキングへ