2012 | 映画、言いたい放題!

2012

一発で気分転換できるもの ブログネタ:一発で気分転換できるもの 参加中


時々何も考えないでいい映画を観たくなりますが、

そういう映画って気分転換になるからなんですよね。

この映画はどうでしょう?

話題になりましたねこの映画。

映像が凄いとか。

2009年。

太陽の活動が活発化し、地球の核が異常な早さと温度で熱せられて、

3年後に世界は終わりを迎えるということを知った、

地質学者エイドリアンは、すぐに米大統領、主席補佐官に報告。

それを元に世界各国の首脳と一握りの富裕層にのみ事実が知らされ、

人類を存続させる一大プロジェクトが極秘に開始されていた。

そして2012年。

売れない作家のジャクソンは、

子供たちとキャンプにやってきたイエローストーン国立公園で、

政府の奇妙な動きを目撃。

世界に滅亡が迫っていることを、偶然知ってしまう…。


いわゆるディザスター・ムービーです。

監督は

『インデペンデンス・デイ』『デイ・アフター・トゥモロー 』の

ローランド・エメリッヒ氏で『デイ・アフター・トゥモロー 』は

私は今一つだったのですが、

これはこの手の映画の中では良かったです。

そんなに息が続くのか?とか、

そりゃ、つっこみどころはありますが。( ^ _ ^;

映像は噂にたがわず凄かったです。

今までのものより、リアル感が感じられた気がします。

ハラハラドキドキです。

絶対、大画面で観て下さい。


最近は世界終焉の年と知られてきた、2012年。

古代マヤ人が残した暦がそこで途切れていることから、

「世界終末の日」だと囁かれてきた2012年12月21日なのだそうですね。

ハラハラドキドキするのですが、

最近、世界で起きている大きな地震などの災害を考えると

なんだかフィクションにも思えなくて。

そうなった時に、人間はどうあるべきか?

いちいち自分に突きつけられます。

今の世界情勢を考えると、

この映画は綺麗ごとって感じなくもないけれど、

こうできたら、どんなに素敵でしょうね。

いろいろ考えさせられました。

日本という国が良い国だととらえられていることに

バツの悪さを感じましたね。

ハイチの支援も遅かったし、

絶対アメリカの顔色をうかがうと思う。

お話とは言え、

ゴードンが気の毒でした。

終わった後もいろいろ考えることがありましたね。

同じ映像もの(?)なら、作品としては私は、

アバター 」より好きですね。

映像だけでなく、意外と悪くなかったです。

やっぱり映画は気分転換には良いですね。(^^)



ストーリー  ★★★
映像     ★★★★
音楽     ★★★
総合評価  ★★★☆


人気blogランキングへ