愛を読むひと | 映画、言いたい放題!

愛を読むひと

ケイト・ウインスレットが嫌いです。(笑)

だって、演技パターンみたいなのが決まっていて

何をやっても一色なんだもの。

しかしこの人、評価されてますよね。

アカデミー賞主演女優賞も取ったらしいし。

一応観ておきますか。


1958年のドイツ。

15歳のマイケルは21歳年上のハンナと出会い、

初めての情事にのめり込む。

ハンナの部屋に足繁く通い、

彼女に求められるままにいろいろな本を読む。

しかしある日、ハンナは何も言わず忽然と姿を消す。

1966年、大学で法律を学んでいたマイケルは

傍聴した法廷の被告席にハンナを見つけ、衝撃を受ける。

そして、彼女が隠していた秘密に気付くのだが。。。。


原作は未読ですが、

ベルンハルト・シュリンクの世界的ベストセラー「THE READER」、

「朗読者」ですね。

やっていた内容はともかくとして、

仕事を忠実にやっていた一人の女性が、

抱えてた秘密を言い出せなかったための

この時代における悲劇。

そんな感じですかね?

うーん、、、やっぱりケイト・ウインスレットが

好きじゃないせいか、今ひとつでしたね。

本を読まれていくうちに。。。というならまだしも

いきなり15歳の子供を誘惑して寝てしまうという心境がね、

まずよくわかりません。

そんなに飢えていたの?( ^ _ ^;

あとはいつものこの人の演技パターンで、

何故この人がそんなに評価されるのか、

私にはよくわからないのですが、

他の方のレビューを読んでも、

かなり評判いいですよね?

好みなのですかね?

彼女が自分の人生がかかっているのにも関わらず、

何故それほどまでに文盲を恥ずかしがるというのも

あまりよくわからなかったです。

ニコール・キッドマンがこの役を降りたそうですが、

彼女よりケイト・ウインスレットの方が肉感的な感じがするので

15歳の少年を、、、という役にはあってるかもしれませんね。(爆)

殿方の感想が気になります。(^。^)b

少年が、彼女の秘密に気づいて、

それを言い出せなくて、

贖罪として朗読テープを送るというのは

わからなくもないですけれどね。

邦題からすると、

それは贖罪じゃなくて愛ということなんでしょうか?

原作ではどうなんでしょうね?

「朗読者」では売り込みにくいのはわかるけれど

「愛を読むひと」という邦題も微妙ですね。(^_^;)

邦題も難しいですね。



ストーリー  ★★☆
映像     ★★★
音楽     ★★★
総合評価  ★★

人気blogランキングへ