キングダム 見えざる敵 | 映画、言いたい放題!
2007-10-02 11:23:55

キングダム 見えざる敵

テーマ:洋画 き

試写会に行きました。

一般試写だったので、椅子が結構狭い。

会場のど真ん中に席を取ったら

私の前の席は背の高い男の子。

その隣は空席でその後ろも空席だったので

その席に移動しました。

隣に人がいたのだけれど、上映寸前に

なぜかその人は席を移動したので

私は前にも左右にも人がいないという好条件で

観ることができました。

ラッキー。(^^)


サウジアラビアの首都・リヤドの外国人居住区で行われた

ソフトボール大会の最中、自爆テロが勃発。

死傷者は幼い子供を含め300人以上。

首謀者はアルカイダ・メンバーのアブ・ハムザと目される中、

両国は穏やかな解決を望んだ。

しかし、同僚を亡くしたFBI捜査官ロナルド・フルーリーは

サウジアラビアの大使に会い、現地捜査を要求する。

かくてフルーリーは3人の精鋭と共に

サウジアラビア警察の監視と5日間という期限付きで

砂漠の王国(キングダム)・サウジアラビアに入国するのだが、

そこで彼らを待っていたものは。。。


先述の通り、物凄くいい条件で観たはずなのですが、

途中、他のことを考えたりしてたので、

あまり面白くなかったんだと思います。f(^^;)

テーマは、「テロはなくなりませんから( ^ _ ^;」。

大事な人が殺されたら、

卑劣な殺され方をしたら、

目の前で殺されたら、

どんな手を使っても、相手に同じ苦しみを!

と思うのは不自然なことではない。

でもそれだと殺し合いは終わらない。

この作品のテーマはラストシーンにはっきり提示されるのですが

派手な銃撃シーンや、殺さなくてもいい人をわざわざ殺したりとか

最後に台詞にしなくても途中でわかることなので

この尺(時間)はいらないですね。

というか、

パラダイス・ナウ 」等、こういうテーマにもっと突っ込んだ作品が

既にいろいろ作られているのでこの内容だと、

今更なんでこの映画?という感じがしました。

しかもタイトルは「KINGDOM」。

う~ん。。。


チラシを見てびっくり!

「息をのむ衝撃と」

銃撃戦は凄いのでここまではわかります。

ロケット弾は思わずよけてましたから。(笑)

「胸に突き刺さる感動」

。。。これはないでしょう。

FBI捜査官とサウジ警察官の友情物語とも書いてありますが、

ラストにはっきり、しかも台詞にしてあるのに

なんでこんなこと書くのでしょうね?

「テロはなくならないと提示された問題作!」

だと、お客が来ないのでしょうか?

確かに配給会社からすれば、

映画を見てもらえばいいのだから

それでいいのかもしれないけれど。。。

あ、そういえば、

大きな荷物を持っている人は

入場前にかばんの中身チェックされてました。

テロを題材にした映画って

この国でもいろいろな意味で危険てことなのか?

と思ったら、まだアメリカでも公開前なので

盗撮防止のためだったらしい。

他の方のレビューを読んで知りました。f(^^;)


エンドロールが流れ始めると7割の客が席を立ち帰っていきました。

それ以外の客は普通にベラベラとおしゃべり。

「妙にリアルだった」とか

「登場人物が誰が誰か、特にアラブ人がわかりにくい」とか

言ってることは最もなんだけれど、

まだ客電が点いてないのだから

それは外でやってくれないだろうか?

ハァ~(ため息)。



ストーリー  ★★★

映像     ★★★☆

音楽     ★★★

総合評価  ★★☆

人気blogランキングへ