こんにちは。
chuです。
Blog「Lady Secret」へようこそ。






本日は、コミュニケーションで大切なこと、〇〇と〇〇の2つについてお話しします。

これを身につければ、オトナ女子が苦手な甘え上手もマスターできちゃうよハート


{87A500B6-A8A1-4874-9B30-BFDB085D94A1}






この2つ大切さを実感したのは
カフェでのやり取りからです。




昨日港区某タリーズコーヒーの前を歩いていた時のこと。

私が1番好きなコーヒーメニュー、フラットホワイトを見つけてしまい、つい頼んでしまった。
{6993A86E-1CA5-45A3-A2C6-4C40FCEB4A87}




「フラットホワイトが気になってブログに集中できないよ!」という方は↓の画像をご覧ください。
{4150BEED-60C2-4C6C-BD92-8C28748551A7}
つまりはコーヒー感もミルク感もしっかりしていて濃い美味しいコーヒーということハート


オーストラリアではポピュラーみたいで、旅行行った時に初めて飲んで惚れた♡
{AC04317B-71B5-4020-8BDC-33E5A8E92074}















まぁ私のフラットホワイト話はこのくらいにして…(笑)
続けます。






赤…私
青…店員さん



フラットホワイトのトールください(ニコッ)


無糖ですがよろしいですか?


大丈夫でーす(ニコッ)


持ち帰り用ですか?


はい。
袋に砂糖二つ入れておいてもらえますか?
(「大丈夫言うたやん」って言うツッコミは現在受付を停止しております)


かしこまりました。
もしよければカップの方に入れておきましょうか?


わ!助かりまーす(ニコ)
ん?待ってください。
元は全くの無糖なんですよね?
なんか二個で足りるか心配になって来た…
(超甘党)


そうですね。
フラットホワイトはエスプレッソショット×3なので苦味は強いですよ。
どうしましょうか?


うーん。
なら、砂糖二個はカップに入れて、一個は袋に入れといてください〜


かしこまりました。
(ラテアートを描くお姉さんの手が止まる)

…すいません、やり直してもいいですか?
(どうやらラテアートの出来が良くなかったらしい)


はい、いいですよ(ニコッ)
あ、じゃあ熱めにしてもらうことって出来ますか?


出来ますよ〜


お願いしまーす(ニコッ)
砂糖は2個半カップに入れちゃってください。
(どんどん増えていく要望)


かしこまりました!




すいません、お待たせしました!


いえいえ、ご丁寧にやり直してくれてありがとうございます(ニコッ)


蓋閉めますか?


あ、せっかく可愛いアートなので写真撮らせてください。(ニコッ)


どうぞ〜
(撮りやすい角度に向けてくれる)


ありがとうございます(ニコッ)
{0EABA95B-D493-4C80-99BD-6316AFA3B8B3}
(と言って撮った写真)











結構私、注文多いよね(笑)
多分希望は全部言っちゃうタイプ。




でも、店員さんに好かれる自信はある(笑)
自分も接客業だから好感を得られたかどうかはわかる。



わざわざラテアートのためにやり直してくれて感謝!
素人目から見たらどちらも同じ仕上がりだった(笑)けど、プロ意識だよね。








こんな注文が多い、わがまま人間でも良好なコミュニケーションを構築できるコツは、敬意と笑顔の2つ。






下記は店員さんに敬意をきちんと言葉で表しています。

わ!助かりまーす

いえいえ、ご丁寧にやり直してくれてありがとうございます

せっかく可愛いアートなので写真撮らせてください。




敬意を示すには言葉のチョイスと、
もっと大切なのは
お礼の言葉を最後まで言い切ること。



本人はちゃんと言ってるつもりなんだろうけど、「ありあっす…」くらいに最後消え入るようにお礼する人が多いから、気をつけてくださいね。
(野球部感出ちゃうからね)



あと会釈(というよりあごを前に突き出す謎しぐさ)しながら言うのも敬意は伝わらないよ。
だったら首を横に傾げて言う方が女性らしくて可愛いですハート
{8E71653D-64AD-4100-932D-34DB6DD619C8}


















そして、笑顔。



私が今ここで言っている"笑顔"とは、これ↓じゃありません。
{DD87395B-0C7B-47CD-BBEF-E65E7437EBE7}
私を知ってる人が見たら笑顔に見えるかもしれませんが、初対面の人がリアルで見れば、真顔にカテゴライズされます。
(特に男性から見たらなおさらです)


これでも、私的には笑顔は作ってるんです。
でも真顔だと思われる。
もったいない。









私がここで言っている"笑顔"はこれ↓です。
{C6B6FAB6-899F-4BE9-9582-B0F7F99C2C0D}

どのレベルの笑顔を意識していいかわからない方は、まず「目の前の店員さんよりも笑顔を作る」をやってみてください。



接客業の方なら大半の場合、笑っているはずですから、その方を超えるようにすれば、結構笑えているはずです。











"敬意をわかりやすく示す"

"満面な笑顔"

が大切。






店員さんにも敬意を払い笑顔の女性って、品がありますよねハート




店員さんだけではなく、
親との会話、
上司との会話、
異性との会話など、
「お願い」や「おねだり」が多い関係性には特に使えますハート











思い返せば私は学生時代から母親にも使っていた(笑)

学校で食べたお弁当を返すときに、

「ご馳走さま〜。今日の卵焼きすごい美味しかった!ママの卵焼き好きなんだよね〜。明日のお弁当は焼肉と苺が食べたいなぁ」

そうすると母親は

「あらほんと。今日の卵焼きいつもより甘くしてみたの〜」

と嬉しそうに工夫したポイントを語るので

「そうなんだ〜!私の好きな味だったよ」

それに応える。

「えー焼肉と苺?冷蔵庫にないよ。じゃあスーパー行こっか」

と言ってくれる、とハート










姉は「ママは私に甘い!」と言っていましたが、私の言い分としてはちゃんと母親を立てているのだから当たり前の恩恵だと思ってた(笑)




「親にわざわざ?!」と思う方もいるかもしれないですが、メリットしかないよ。
親しき仲にも礼儀あり、でもありますしね。



子供に尊敬されたい親と、親に面倒を見てもらいたい子供。

win- winだし、
親孝行だと思っています!
















これを俗に言う「甘え上手」と言います。


そして、「甘え上手は天性の才能」なイメージがあるかもしれませんね。




しかし分解すると

①きちんと敬意や感謝を相手にわかるように示している

②相手に伝わるような笑顔を見せている


この2つのステップを踏んでいるだけなのです。

そしてこの①と②の中に自分の希望を入れ込む。





これであなたも甘え上手ハート


{A9829984-CF35-4D3D-923C-4AF8EDCB1B18}





是非やってみて下さいね。




では、素敵な一日を。