がっつり1ヶ月間停滞期に悩んだKさんの成功秘話✨ | 耳つぼダイエット専門ブルーム(^∇^)三芳店 成増店 健康管理士はなの元気とハッピーの処方箋

耳つぼダイエット専門ブルーム(^∇^)三芳店 成増店 健康管理士はなの元気とハッピーの処方箋

サロンブルーム 三芳 富士見 ふじみ野 所沢 川越 新座 和光 板橋区 成増 練馬区 東上線 狭山 ブルーム 耳つぼ ダイエット 体質改善 アトピー 40代 50代 代謝 痩せる 結果 楽  ダイエット 飯塚結花 恵愛病院 駅前 健康的 辛くない


テーマ:
{DC8B4FB8-25D9-4F99-A879-E5927B5F8111}

さて、本日は間も無くダイエット卒業のK様のお話です。

K様はダイエット前は、食事と言ったら、パン、パン、うどん、パスタ、パン♫
体温は35.5度が平均でした。

本当に小麦粉大好き女子でした。
食事もパンならおやつもパン。

グルテン摂取量が多かったのです。

いざ、ダイエットを始めた頃も、量こそ少し減ったものの、代替食(粉物)ばかりでした。

それでも最初の1ヶ月は体重が落ちたのですが、2ヶ月目に入り全く体重が落ちなくなりました。
俗に言う停滞期という言葉では、私は納得できませんでした。

小麦粉から少しでも離れて欲しくて、グルテンの話、ショートニングの話、ポストハーヴェストの話、アミノバランスの話と、いろいろなお話をしました。

ですが、「パンが食べたい」の気持ちは変わりませんでした。

そんなある時、別のダイエッターさんの許可をいただいて、毎日の食事の様子を見せていただく機会がありました。

その方のお食事は、作り置きおかずを中心にしつつも、オヤツあり、アイスあり、コンビニ食もあります。
それでも食べたいものを食べるために、他の食事で調整するというスタイル。

実際にそれらを見たK様は、目からウロコだったようです。

そうか!!
量を減らして毎食小麦を食べるより、食べる時と食べない時を分けたほうがいいのね!!
パンが食べたいから、そのパン食を楽しみに他の食事では小麦をとらないようやってみます!!と。

百聞は一見に如かず

と言いますが、頭でわかってても行動に移せないのは、イメージがわかなかったからだったようです。
同じ時期にサロンに通うダイエッターさんから、刺激をいただけたのです。

この日からK様のヤル気スイッチ入りました!!

次の回からメキメキ体重が落ち始めました!
予定より1ヶ月遅れての卒業になりそうですが、目標の体重に到達できそうです。

食事の品数も増え、栄養も身体を満たしてきたためか、グルテン依存が落ち着いてきたためか、最近では、パンが食べたくて仕方ないってことは減ってきたという事です。

食べ物との付き合い方を知れば、食事はもっと楽しくなります。

美味しく食べながら、健康的に体重を落としませんか?




☆★リフレとダイエットのサロンブルーム★☆はなさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります