LaDonna Summer号は5/31発売

テーマ:

LaDonna harajuku vol.5の発売が間近です。

発売日は5/31!全国の書店にて発売です。


たくさんのお問い合わせありがとうございます☆

地方の小さな書店さんになると

店頭にくちねおいてない場合があります。

発売日に手元にほしい方は、事前にご注文をいただくか

amazonなどで、注文いただけますと確実です!

よろしくお願いします。


表紙は・・・じゃーん!!



『LaDonna harajuku』編集部のブログ

水原希子ちゃんと水原佑果ちゃん。

80年代の竹の子族を現代風にアレンジ!

原宿のど真ん中で撮影しました・・・☆

巻頭特集では、ふたりが70S~90Sのファッションを

プレイバックしています。



サブ特集は上京物語。

玉木宏さん、MEGUMIさん、カンニング竹山さん、みうらじゅんさん

清川あさみさん、JUJUさん、今宿麻美さん、植村花菜さんが

自らの歩みを振り返り、上京ストーリーを話してくれました。



ほかにも

原宿大好きっ子には欠かせない情報

「原宿だからコレが売れる!ショップスタッフPUSHアイテム」

「原宿ガールズSNAP!」


さらにファッションリーダー平山あやちゃんが

ナビゲートする

この夏大ヒットのSHOES&BAG特集です。


付録は、じゃーーん!!



『LaDonna harajuku』編集部のブログ



海やプールで大活躍のサマーポーチ



みなさま是非手にとっていただけると嬉しいですー。







AD

上京物語

テーマ:

地方出身の私。

「絶対にいつかやりたい!」と思っていた企画です。

今だからこそ、LaDonnaなりの形で

色んな方の上京物語をお届けし

少しでもなにかの力にしてくれたら・・・というふうに

考えています。



だって、みんな最初はゼロです。

そして少しずつ種をまき

それぞれ色んな壁や困難を乗り切り

夢を形にしてきました。

その先輩達のメッセージは、とても力強いものと

思います。



そして今回、この企画にご賛同くださり

インタビューに応えてくれる方が

とてもとても豪華です。



アートディレクターの清川あさみさん

イラストレーターのみうらじゅんさん

シンガーソングライターの植村花菜さん

芸人のカンニング竹山さん

などなど・・・




進学や就職、また夢を追って・・・

桜の時期に上京してきたみんな。

また、どうしても一歩が踏み出せないでいるみんなへ。


心こめて、制作中です。



編集部:ayajam

AD

毎日取材です

テーマ:

次号の制作に向け

編集部では、連日早朝より、撮影に取り組んでいます。


震災による紙やインクの不足など

さまざまな問題がありますが

今はとりあえず、目先の次号の制作に集中し

制作スタッフで協力してやっていますニコちゃん


今は、スタッフのひとりとして

精一杯やっていきたいと思います。



編集部:ayajam

AD

小さな力、大きな力

テーマ:

今日で震災から一週間がたちました。

改めて被災された方々にお見舞い申し上げ

亡くなられた方々のご冥福をお祈り致します。


編集部は節電の為、社内の電気を消して仕事をしています。

ひとりひとりの小さな力が、大きな力となることを信じて。

今は、目の前にあることに

粛々と取り組んでいきたいと思っています。


ということで

昨日は、スタイリスト、ライター、デザイナーがそろい

打ち合わせ3本!

課題はたくさんありますが

みんな、前向きにがんばっています。


そして先週は

ホワイトデーがあったみたいで

営業のP課長から

女子社員に



これ、いただきました。



『LaDonna harajuku』編集部のブログ-PH_1005.jpg

ありがとうございやーす。


P課長は、ちょうど3・11京都出張で

地震をまぬがれました。


P課長(落語好き・魚好き・ケバブ押し)

「原宿は、米が旨い!」


らしいです。


編集部:ayajam


無事です。

テーマ:

スタッフ全員無事です。

ご連絡をくださった皆様、ありがとうございました。


昨日はひたすら歩き、自宅にて

休んでおります。


ニュースの映像を見ると

現実に起こっていることなのか

まだ信じられず

あまりの恐怖に言葉を失います。


震源地近くは

情報源、ラジオのみとのことで

一番に伝えなければならない方々に

情報を届けることが難しいという

もどかしい状態が続いています。


無力で何もできませんが

ひとりでも多くの方が救われますように。



●東北地方、都道府県別・災害救援のまとめサイト

http://savejapan.simone-inc.com/


(日本語/英語/韓国語/中国語対応)




●被災者の受診、保険証不要

http://www.asahi.com/special/10005/TKY201103120264.html



余震続いています。

油断せず、

津波警報、指示に従いましょう。

古い建築物には極力近づかないように。

昨日の地震で、柱や窓ガラスにヒビなどが

入っていないか、確認をしましょう。


都内も、昨夜はこわくて眠れなかった方

多いと思います。

お休みになられるときは

高い家具の近くは避けるなど

もう一度安全確認を。