2006年06月25日(日)

サマーカップ

テーマ:ラクロス

休暇開けの日々、お仕事で当然のように忙殺されて、ネットを繋ぐ気力もありませんでしたあせる

キウイを連れて中四国ラクロスのサマーカップを観戦に行くのを楽しみにしていたのですが、結局1試合も見る事が出来ませんでした。


結果ってどうなったの???中四国でこのブログを御覧になっている方、教えて下さいな。

サマーに強い(失礼)川崎?それともキュリ?1部返り咲きを狙う島根や、昨リーグで快進撃した愛媛・松山の状況も大いに気になります。岡大はこの時期調整ムードでしょうけど。


修道・広大・女学院・安田の広島勢はどんな感じかな??

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2006年06月14日(水)

アコーディオン現象

テーマ:ラクロス

サッカーワールドカップ、日本の初戦は勝点0でした。

僕は別段サッカーファンでも無いのですが、オリンピックでの他の競技と同様、日本代表に対しては団体個人ともに、一応は応援するのです。

そんな不純な理由もありますが、「パンパカパーン!我が家でオーストラリア戦の応援集会を開く事になりました」と妻から宣言されても、why not?てな感じでした。

でも、せっかくホストとして友人を迎え入れて開いた応援パーティに、あの結果は無いよなぁ。。。。


僕は僕で、ラクロス職業病(今はコーチなんて無縁ですが)的に、あのゲーム展開に「???」が一杯だったのです。



”何故、突然、日本だけ、しかも全員がバテたのか????”


日本のメディアの「大本営発表」的報道では、敗戦に蓋するムード一色で、この疑問が拭えない。


で、同じ会社のサッカー通の先輩(サウジアラビア駐在)に疑問をぶつけてみました。

以下が回答です。ラクロスでもよーーく留意すべきポイントだと思いましたので、アップします。


quote:

中盤の間合いがあくのを、我々はアコーディオン現象と言っていて、フォワードは孤立するし、バックスはすぐに押し込まれるし、最悪の状態です。中田も福西も守備で機能しなくなってしまい、中途半端な攻撃をしかけるようになってしまいました。疲れて来ると、守備に動く時には身体が重いのに、逆にカウンターの際
には、(自分で守備をサボっている意識があればあるほど)ヤル気になって身体が軽くなるもんなんです。その時に運良く点が取れれば勝ちパターンになりますが、大本営は、「追加点が取れなかったのが敗因」と問題点を摩り替えていると思います。


はっきり、体力不足と言えと。


個別の議論をすると、茂庭が途中交替で地に足がついていなかったので守備が弱くなってしまったし、川口がスローインのボールにあそこまで出る必要など何もなかった。同点弾がなければ、それでも勝っていたかも知れないですね。


ジーコの小野投入は正しいと思います(ボールがキープできるので)が、中盤で守備が出来る選手を早めに入れるべきだったと思います。

unquote:

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。