「人財育成なんでも相談家※」ラシャンス渡辺しのぶです。
(※新人からマネージャー層の研修まで幅広いテーマに対応可能です)
 
昨夜の東京タワー 夜の空気が澄んでいて、美しい
 
 
おはようございます。
先日「感情マネジメント」に関する1日講座を担当しました。

NVC(非暴力コミュニケーション)の要素を取り入れ、自己共感し他者共感に繋げることも体験していただきました。
 
「NVC(Nonviolent Communication=非暴力コミュニケーション)とは、1970年代に、アメリカの臨床心理学者マーシャル・B・ローゼンバーグ博士によって体系化され、提唱された、自分の内と外に平和をつくるプロセスです。

家族や友人から、職場、組織、国際関係まであらゆる人間関係を、支配、対立、緊張、依存の関係から、自由で思いやりにあふれた、お互いを豊かにし合う関係へと変えることを可能にする考え方、話し方という「方法」であると同時に、私たちに「なんのために、どう生きるか」を問う、根源的な「意識」でもあります。」NVCジャパンHPより引用


一年がかりで取り組み、

今年の夏に資格取得できたことを、皆様にお伝えする機会となりました。

(昨年度も同じ講座を実施しましたが、今年の方が深く話すことができました)
 
 
早々に、受講アンケートをいただきました。
※5段階評価です
 
●受講していかがでしたか?
 非常によかった 50%
 良かった    45%
 普通       5%  
 
●講師の説明・話し方はいかがでしたか?
 非常に良かった 66.7%
 良かった    33.3%
 
概ね、皆さまからご満足をいただけたようです。
ありがたいコメントもたくさんいただきました^^
 
☆彡☆彡
 
今週末、11月20日(土)と来週26日(金)にZoomで実施していただく「LGBTへのハラスメントを考える」のセミナーです。
 
今週末の講座はもう締め切っているようですので、
興味のある方は、26日に是非お申込みください^^
 
 
************************
 
 
日本産業カウンセラー協会中国支部様主催にて「LGBTへのハラスメントを考える」というタイトルで3時間のオンラインセミナーを実施します。
 
無意識にSOGIハラ(LGBTへのハラスメント)をすることがあってはいけません。
その無意識は「アンコンシャスバイアス」かもしれません。
また、D&I(ダイバーシティ&インクルージョン)を実現するうえで、必須となる学びでもあると思います。
 
参加者の皆さんでじっくりと考え、話してみませんか。
 
 
 
2021年11月26日(金)13:30~16:30(一般向け・受講料4,950円)
※最下部「一般Web申し込み」ボタンからお申込みください
 
 
 
お問合せは 中国支部広島事務所まで。
電話:082-223-7470(10:00~16:30 土日祝除く)
メール:kensyuu@chugoku-c.com
 
 
 

 

***************
 

2020年6月1日より大企業では、「パワハラ防止措置」が義務化されました。(中小企業主については、2022年3月31日までは努力義務)。

https://mag.smarthr.jp/reform-law/detail/power-harassment-boushi/

 
個別セミナーもお受けします。
 
 
+++++++++++++++++++++++
 
 
社員が一丸となり利益を上げる。
そして、経営者も社員もその家族も幸せになりましょう。
 
研修を通じて、組織の問題解決をお手伝いをさせていただきます。
 
 
各種研修・講演など お客様のご要望をヒアリングのうえ、カスタマイズいたします。
研修お問い合わせはこちらです。
 
 
職場での悩み事うけたまわります。

ブログ上で回答いたします。
ニックネームでご応募くださいませ^^
職場のご相談はこちらから

 
シェアウィズ様より「コロナ禍のメンタルヘルス」「LGBTを理解する」の動画販売を始めました
ラシャンス渡辺しのぶのコース

 

コロナ禍時代をしなやかに生きるためのメンタルヘルス研修


在宅勤務による孤立感や、コミュニケーションの不足によるストレスがコロナ禍では発生しています。
コロナ禍では不安を感じるのは当たり前、不安を吹き飛ばすための具体的な方法をお伝えします。

ストレスの対処法は人それぞれ。自分のタイプを知り、適切な対処法を理解しましょう。また、ストレスをためない心の鍛え方について学習し、「折れない心」レジリエンスを身につける方法を習得しましょう。

 

LGBTを理解する -誰もが安心して働ける職場をつくるために-

LGBTの基礎知識を学び、正しく知ることで、偏見を持っていることに気付きましょう。
時代の大きな変化の中で、企業組織内で取り組むべきことを明確にする必要があります。
詳細はこちらです。