「人財育成なんでも相談家※」ラシャンス渡辺しのぶです。
(※新人からマネージャー層の研修まで幅広いテーマに対応可能です)
 
 
 
キャリアコンサルタントの国家資格を持っています。
 
多くの資格が一度取得したら終わり...ではないように
キャリコンも5年毎に更新が必要です。
 
更新料金のお支払いはもちろん、厚生労働大臣の指定を受けた以下の講座を受ける必要があります。
 
●知識講座8時間以上
●技能講座30時間以上
 
時間もお金もかかります(;^ω^)
 
知識講座は共通ですが、技能講座は選択式で受講できます。
 
私は2018年から計画的に単位取得してきました。
キャリアコンサルティングに必要な技術として私が学んだのは。。。
 
●「メンタルヘルスの理解と応用」
●「職業キャリアの円熟期」
●「女性へのキャリアコンサルティング」
●「体験的に学ぶアンガーマネジメント」
 
そして、先日最後に受講したのが
●「発達障害の理解と応用」です。
 
一昔前に比べて、街中で「放課後デイサービス」の看板を見かけることも増えました。
(放課後等デイサービス. とは、 児童福祉法 を根拠とする、障害のある 学齢期 児童が学校の授業終了後や学校休業日に通う、療育機能・ 居場所 機能を備えた福祉サービス。かつては個別の障害福祉法を根拠としていたが、法改正によって 障害者総合支援法 が根拠となり、 未就学児童 は児童発達支援事業、学齢期児童は放課後等デイサービスに分かれ、身体・発達・精神などの種類にかかわりなく障害児が利用できるようになった(現在は 児童福祉法 に移行)民間事業者の参入も進んでおり、利用者の選択肢が増えている。ウィキペディア)
 
10人に1人の割合で、発達障害のお子さんがいると言われています。
 
しかしながら、成人になるまで問題が顕在化せずに、就職期や結婚という大きなライフイベントを契機に適応がうまくいかなくなることもあります。
 
昔は発達障害という概念が無かったので、大人になってから「発達障害」という診断を受けることも多くなっています。
研修で管理職の方とお話をしていても、部下がそうらしくて・・・というご相談を受けることも少なくありません。
 
発達障害と言っても、様々な症状があります。
グレーゾーンの方もたくさんいらっしゃいます。
対応方法も一概に言うことは出来ません。
だからこそ、話をしっかりと傾聴し適切なアドバイスに繋げる必要があります。
 
研修では4つの事例を用いて、カウンセリングの実習をしました。
 
私は今勉強中のコネプラの技法を用いてみました。
(深く共感する技法なのでクライエント役の方に響いたようでした)
 
うつの原因が発達障害にある場合もあります。
 
不安な気持ちをしっかり受容し、必要な情報提供をするとともに、自己決定権の尊重を大事にしたいと思いました。
 
発達障害の方に対する公的支援策は年々増えています。
 
お困りの方は「発達障害 支援」で検索をしてみてください。
個人への就労支援から、企業への支援策など様々な支援があります。
 
きっと必要な情報が入手できるはずです。
 
 
***************
 

2020年6月1日より大企業では、「パワハラ防止措置」が義務化されました。(中小企業主については、2022年3月31日までは努力義務)。

https://mag.smarthr.jp/reform-law/detail/power-harassment-boushi/

 
個別セミナーもお受けします。
 
 
+++++++++++++++++++++++
 
 
社員が一丸となり利益を上げる。
そして、経営者も社員もその家族も幸せになりましょう。
 
研修を通じて、組織の問題解決をお手伝いをさせていただきます。
 
 
各種研修・講演など お客様のご要望をヒアリングのうえ、カスタマイズいたします。
研修お問い合わせはこちらです。
 
 
職場での悩み事うけたまわります。

ブログ上で回答いたします。
ニックネームでご応募くださいませ^^
職場のご相談はこちらから

 
シェアウィズ様より「コロナ禍のメンタルヘルス」「LGBTを理解する」の動画販売を始めました
ラシャンス渡辺しのぶのコース

 

コロナ禍時代をしなやかに生きるためのメンタルヘルス研修


在宅勤務による孤立感や、コミュニケーションの不足によるストレスがコロナ禍では発生しています。
コロナ禍では不安を感じるのは当たり前、不安を吹き飛ばすための具体的な方法をお伝えします。

ストレスの対処法は人それぞれ。自分のタイプを知り、適切な対処法を理解しましょう。また、ストレスをためない心の鍛え方について学習し、「折れない心」レジリエンスを身につける方法を習得しましょう。

 

LGBTを理解する -誰もが安心して働ける職場をつくるために-

LGBTの基礎知識を学び、正しく知ることで、偏見を持っていることに気付きましょう。
時代の大きな変化の中で、企業組織内で取り組むべきことを明確にする必要があります。
詳細はこちらです。