「人財育成よろず相談家」のラシャンスしのぶです。
 
先日、東京国立劇場にて
「肝高の阿麻和利(あまたかのあまわり)」という沖縄版のミュージカルを観てきました!
 
お話は、世界遺産に登録された勝連城の10代目城主「阿麻和利・あまわり」の半生を描いたものです。
 
沖縄では阿麻和利は悪者扱いされていますが、本当はそうじゃないんだ!ということを地元うるま市の中高生が沖縄伝統芸能「組踊」をベースに沖縄方言・琉球音楽・琉球舞踊を現代的にアレンジして伝えています。
出演者全員が沖縄県うるま市の中高生です。
 
でも、子どもの踊りでしょう?なんて言えません!
芝居・踊り・歌 のレベルの高さといったら!
本当に楽しそうに、全員が笑顔で全力でカッコイイ!のです。
感動の嵐で、ラストは観客全員がスタンディングオベーション!
 
 
こちらで踊りをご覧いただけます!
 
 
今回はじめて「東京国立劇場 大劇場」という大舞台での上演でした。
 
 
そもそもは、1999年「子ども達の感動体験と居場所づくり」が目的で始まった活動です。
今年で20年記念だそうですが、旅費は子ども達の自己負担。
 
それでも、「肝高の阿麻和利(あまたかのあまわり)」を多くの人に知ってほしい、興味関心を持ってほしい!
 
との思いから「講演にかかる費用」と「子ども達の旅費自己負担を少しでも減らす」を目標にクラウドファンディングを開始し、なんと1000万円と言うゴールを達成したそうです!
クラウドファンディングをやろうと、発案したのは大人だと思いますが、この仕組みを子ども達に教えるのって、素晴らしいと思いました。
 
本当に価値ある素晴らしいことをやり遂げたい、という強い意志があって、それを多くの人に共感してもらえる力があるなら「協力をお願いします!」とどんどん伝えていこうよ!
 
やりたいことがあっても、言えない。
一人でお金をためてからやるから・・・なんて言っていたら、いつまでたってもできないものね。
 
今年の夏、沖縄うるまの子ども達から大きなプレゼントをいただいたな~(感涙)おばちゃんもがんばるよ!
 
9/21、9/22 うるま市民芸術劇場にて凱旋講演もあります。
うるま市の皆さま、是非皆さんの地元の中高生のがんばりを観てあげてください!
 
 
 
 
 
職場での悩み事うけたまわります。

ブログ上で回答いたします。
ニックネームでご応募くださいませ^^
職場のご相談はこちらから

 
 
各種研修・講演など お客様のご要望をヒアリングのうえ、カスタマイズいたします。
研修お問い合わせはこちらです。
 
- 社員10名で間に管理職がいない組織の経営者必見!
- 社長の右腕育成オンライン講座
社長の右腕育成オンライン講座はこちらです!