人財育成ラシャンスの渡辺しのぶです。

 

関東地方も雪が降りましたが、積もらなくてよかったです^^

 

先日、久里浜医療センターネット依存治療部門の三原聡子先生の講義「ネット依存の実態と対応」を受講しました。

 

ネット依存の90%はゲームで、37%がSNS。

 

久里浜医療センターで扱った事例では、男性が圧倒的に多く17~18歳が最も多いそうですが最小は7歳、最高齢は80代だそうです。

 

皆さんは、オンラインゲームをしますか?

 

オンラインゲームは世界中と繋がって、チームでゲームに参戦することができます(いろいろな種類があります)。

チームでやるので「明日はやらない」とは言いにくい。

例えば、夜の10時から明け方4時まで戦闘ゲームをしていたら、学校や仕事に支障が出ますね。(昼間は寝ている生活に。。。そして、リアリティある戦闘ゲームなので戦場で戦っているのと同様の臨場感=興奮状態)

強くなる為にはツールを得たい、そのためには「石」が必要だから、課金もする。

 

親のカードを勝手に使って気付いたら大変なことになっていることも。

 

エコノミー症候群など、身体面でも問題が起きる。

 

ネットは時間を決めてやらないと危険ですね。

1日2時間以上ネットをやるようになると、成績が下がるというエビデンスがあるそうです。

 

特に発達障害をお持ちのお子さんは、のめりこみやすいのでより注意が必要とのこと(10人に1人の割合で何らかの発達障害を持つお子さんがいるそうです)。

 

現実とネット世界の区別がつかない幼児は、特に気を付けたほうが良いようです。

もちろん、全くダメということではなく「1日中スマホをおもちゃ代わりに与える」ことが問題と言うことです。

詳細はこちらを参考に↓

https://www.nhk.or.jp/seikatsu-blog/200/263166.html

 

 

数年前に見かけた出来事。

電車の中で若い夫婦が幼い子供を2人連れていました。

 

夫婦は無言でそれぞれが口を開けてスマホをいじっていて、子供たちは無言でぼんやりしていました。

 

そして、電車に乗っている間、一度も子供たちに話しかけたりすることはなかったです。

たまたまかもしれませんが、なんだかとっても印象的でした。。。。(目を見て話しかけようよ~)

 

◆◆◆

 

日本の中高生のインターネット使用者数。

2012年は52万人→2017年は93万人。

5年間で約1.8倍になりました。

 

電車の中では殆どの人がスマホをいじっています、スマホ見ないとがまんできないのは既に依存症なのかもしれません。

大人になってからスマホを持った人たちでも、そんな状態です。

 

小さいときからネットに触れていれば、依存になる確率も高くなります。

周囲の大人が気を付けてあげましょう!