おはようございます、人財育成ラシャンスの渡辺しのぶです。
先日、川崎チネチッタ(映画館)に行きました。


流行りの?ボヘミア○ラプ○ィーも観たいけど、今回は



川崎市のイベントにご招待いただきました。



インディーズ映画で、上映時間は約40分,
映画前後にトークショーがありました。

「カランコエの花」はLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー)をテーマにしています。
日本の高校で、あるクラスだけにLGBTの授業が実施されます。
そこから、犯人探しを始める生徒が現れて、、、。
第三者目線で展開されるドラマです。

自分の常識に合わない者は排除する。
多様性を認めることができない。
当事者を庇おうとすることが、反って傷つけている。

自然に認めて受け入れることの難しさ。
観客もおそらく同じ。
映画が終わったとき、拍手は殆どありませんでした。
どう反応していいのかがわからない。が、本音だと思います。

まずは「知ること」が大事。

観賞後の観客からの感想で「私は当事者です。」という方からの発言は胸が痛かった。

人を好きになることは誰にも止められない。
思いは自由。

カランコエの花言葉は「あなたを守ります」。