【ジュエリー製作業界のマナー】ダメ絶対!なこととは | ハンドメイド製作所 ジュエリー工房見学ツアー

ハンドメイド製作所 ジュエリー工房見学ツアー

東京~フィレンツェで広く彫金を学び、全国を自転車で旅したジュエリー作家たかはしひろがプロデュースする
自然をテーマにしたジュエリーと、
工房ブランドMars&Marsay(マーサーマーセー)の成長を記したブログ。めざせ奨学金の完済!

こんにちは

ハンドメイドジュエリー作家

たかはしひろです。

 

最近、咳エチケットという新しいマナーが生まれましたねカゼ

 

日本人はルールやマナーを生活に合わせ、それを守ることのできる素晴らしい民族ウインク

 

 

小さな規模でも、業界内のローカルルールとしてもみられますね

 

ジュエリー業界にも面白ルールがいくつか存在するのですが

 

 

たとえば製図(設計図)は実寸で描けとかです。

 

無理ですよ、パヴェとかの爪をどうしろとあせる

 

学校の授業ではかなり泣かされたえーん描けない

 

 

 

今日ご紹介するのはジュエリーメイキング時の重要なマナー

 

ワックス(蝋)で原型をつくるときに絶対にやってはいけないことです。

 

これを知ってたら かなりのジュエリー通?ガーン

 

 

 

たとえば、ふたつの彫刻したワックスを合体させるとしますリサイクル

 

この羽根パーツをくっつけるだけで、前話では四苦八苦してましたえっ

 

 

前回のお話👇

 

 

 

こんなもの接着剤使えばいいじゃないの?

 

 

 

まったくもってその通りびっくりボンドでくっつけちゃえば終わることですよねおいで

 

 

 

でもそれがマナー違反になっちゃうんですパンチ!

 

 

 

正しくはこうして👇蝋を熱で溶かして融着させてあげます、蝋以外は使わないのが好ましい

 

 

 

理由を説明しますと上差し

 

 

 

ワックス原型を貴金属に変える工程で、問題が発生するんです

 

 

 

この工程は、ほとんどの会社がキャスト工場に外注しますFAX

 

 

 

工場ロボットでは、依頼された原型を石膏で固めて電気炉で焼きます

 

 

 

そこで接着剤が悪さしますガーン

 

 

 

接着剤は過熱するとガスが出るのですくもり

 

 

 

これが石膏の表面を荒らすことになります。

 

 

 

するとどうなるか時計

 

 

 

そこからキャストしてできたリングやブローチははてなマーク

 

 

 

表面がザラザラぶつぶつゲッソリ

 

 

 

商品にはなりません。DASH!

 

 

 

自分の品だけなら自業自得で終わるところですが

 

 

 

同じポットでキャストした、別の会社の品まで影響するんです

 

 

 

数でいうと20個~50個すべてダメになることもチーン

 

 

 

とんでもない損害ですよね目

 

 

 

みなさんもジュエリーを作るときには

 

 

 

マナーを守って楽しくつくりましょうねハート

 

 

 

え❓あまりその機会はないって?

 

 

 

い~えにやりあなたにも才能が眠っているとボクには見えますサーチ

 

 

 

 

ウンチクはこの位にして、インコブローチのつづきを作りましょうニコニコ

 

 

 

キサゲという道具をつかって、羽根部分の彫刻です

 

 

 

顕微鏡を使って、一枚づつ立体に彫り起こしていくと👇

 

 

雨覆いという小さな羽が浮き出てきました音譜

 

 

 

しかしこれは猛暑日にやる作業じゃなかったDASH!滝汗はやく涼しくならないかなぁ汗

 

 

 

お次は裏を処理します、完成品の着け心地をよくするためのひと手間です

 

 

 

厚みを調整して、そしてくり抜きます👇

 

 

裏抜きという工程

抜くときは、下からライトを当てながら光の透け具合をみて、ムラのない厚みにしますよ

 

 

 

ムラなく薄くすることによって、後のキャスト(鋳造)がきれいに仕上がるんです

 

 

 

あと、ブローチなので重いと下向いちゃうからね。ニコニコ

 

 

 

そしてダイエット成功グッ

 

 

 

けれど側面が気に入らなくってチュー

 

 

 

またまた新しい手法をひらめいたひらめき電球ので実践

 

ふつうのドリル刃で側面を整えてみると

 

 

やったねウインクこんなにきれいに処理できたラブラブ

 

 

 

ここまで来たら完成の形が見えてきたねウシシ

 

 

 

真珠の台座をワックスでつくっちゃえー

 

 

 

手つかずだった顔も仕上げましたよ

 

 

 

インコの顔の特徴は、目の下のボリュームが愛らしいのよねラブ

 

 

 

耳羽と書いてジウっていうんだって

 

 

 

ボクの作品には、大作に隠れハートマークを入れています

 

 

 

今回は耳羽をハートにしましたよ。ハート

 

 

 

飼い主さんの愛情ラブラブからリクエストいただいたインコブローチ

 

 

 

よろこんでくれるとうれしいですね照れ

 

 

 

つづきはまた次回にバイバイ

 

 

 

 

こちらからボクが制作した作品たちを観覧・購入もできます 気になったら是非マーサーマーセーをフォローしてね爆笑

 

富士山の頂上で暮らし

自転車で6000キロを旅した作家がつくる自然モチーフのアイテムたちには

街で暮らす人たちに少しばかりでも環境を意識して生活して欲しいとの願いが込められています。

 

たかはしひろが旅で感じた世界へ

お好きなマーケットのバナーよりお進みください

 

      

                      

 

 

▼▲

 

 

 

ブログランキング参加中です

応援お願いします。クリックするだけでOKです↓

 

 

 

 

▼▲▼

 

 

 

インスタグラムもやっていますビックリマーク

lacejewelyの名でMars&Marsayの新作や制作中のようすを綺麗な写真で紹介しています。

カメラのことも勉強しながら、これから多くの方たちに見てもらえるように、どんどん撮影していきますのでフォローをよろしくお願いいたします。ニコニコ