製作・施工事例(ウィンドウサイン・ドアサイン)印鑑・印刷会社 | ラック工芸株式会社のブログです。
2019-02-13 15:24:28

製作・施工事例(ウィンドウサイン・ドアサイン)印鑑・印刷会社

テーマ:施工事例

こんにちは!ラック工芸の中田(新入社員)です!
 
ラック工芸では、毎日さまざまなサインを製作・施工しています。
店舗やオフィス、工場、イベント等のサイン関係について、
ご検討中の方々のヒントになることができれば幸いですので、
定期的に製作・施工事例を紹介していきたいと思います。
 
今回の製作・施工は、「印鑑・印刷会社」の

ウィンドウサイン・ドアサインでした!

施工後の写真をご覧下さい。

通行人の視界に入りやすい1階なので、
大きなガラス窓とドアを有効活用!(^O^)

サービス内容が分かりやすく、通行人の目に留まるようになりました!
どんな会社なのか分かりやすいですね!


このデザインはお客様からご指定いただいたものです。
それを弊社で、ガラス窓のサイズを考えながら調整、光による透け具合を考慮しながら

インクジェットシートに出力し、貼り付けました。

 

職人によるシートの貼り方については、またの機会にご紹介させていただきます!

 

 

余談ですが、

古いシートを剥がす作業、結構大変なんです。驚きました(^-^;)

ガラスでも壁でも、シートはしっかりくっついているのでかなりの力作業でした。

取っ手の先に刃が付いた、スクレーパーという工具を使いながらおこないます。

手を切らないよう、ガラス面を傷つけないよう気を付けながら、剝がしていきます。

慣れない動きに、普段使わない筋肉を使ったので、腕が筋肉痛に (笑)

先輩社員のように筋肉痛にならなくなるのはいつ頃でしょうか…

頑張ります!!

 

 

話を戻しましょう、他の写真もご覧ください!

 

ガラス窓の中段には目隠しシートを使用しているので、

店内の様子が丸見えになるのを防いでくれます。

目隠しシートと言っても、光を全く通さない訳ではなく、

透過する光の量をコントロールしているので、

日中は外の光を柔らかく取り入れることができます。

室内が暗くなることはありません(^O^)

 

大きな窓ガラスを利用したウィンドウサインは、
朝でも夜でも、お店が閉まっている時でも、
商品の説明などを効果的に知らせることができるので

お店の宣伝やPRにオススメです!
 

今回の事例紹介は、

株式会社エステライズ 東京事業部 が運営する、はんこ広場 市ヶ谷店様の

ウィンドウサイン・ドアサインの製作・施工でした。

http://carbon-g.co.jp/hankohiroba/

〒102-0074 東京都千代田区九段南3丁目2番2号 九段宝生ビル1階
ぜひ皆さんお立ち寄りください!
 
はんこ広場 市ヶ谷店様、ご依頼頂きありがとうございました!!
今後もよろしくお願いいたします(^O^)
 
 
サイン関係についてご検討中でしたら、
ご質問や御見積もお気軽にお問い合わせください(^-^)
お客様のニーズにできる限りお応えできるよう、社員一同頑張ります!
 
サインは、『会社・お店の顔』です。
『売上アップ、イメージアップ』に是非ともお役に立てれば幸いです。
今後もよろしくお願いいたします。
http://www.lac-kougei.com/

https://stat.ameba.jp/user_images/20181219/16/lac-kougei/48/e2/j/o0281004814323491965.jpg

 

ラック工芸株式会社さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ