子宮内膜が十分な厚さにならず、凍結融解胚移植がキャンセルになる方や複数回 胚移植をしても妊娠しない方がいます。そこで注目されたのがPRP療法とPFC-FD療法です。PRP(Platelet Rich Plasma:多血小板血漿)療法とは、患者様自身の血液に含まれる細胞の成長を促す物質や免疫に関わる成長因子による修復機能を促進して治癒を目指す再生医療です。 不妊治療の分野でも、ご自身の血液から作製したPRPを利用することで、子宮内膜を厚くし、受精卵を着床しやすくすることを目指す療法が既に実施されています。

 

当院で行うPFC-FD療法は患者様自身の血液を採取しPRPを抽出し、さらに成長因子を豊富に含むPFC-FD(Platelet-derived Factor Concentrate Freeze Dry:血小板由来因子濃縮物-凍結真空乾燥)に加工したものを子宮内に注入します。

 

PFC-FD療法はサイトカイン療法で、ご自身の血液からPRPを作製したのち、さらに成長因子のみを濃縮しフリーズドライ化工したものです。このため、PFC-FDを用いた治療はPRP療法と同等の効果が期待できます。

PRP-FD注射の注入物の加工については、再生医療等安全性確保法に基づき、厚生労働省の特定細胞加工物製造許可を取得した施設に委託しています。そのため一定の環境下において品質の維持された治療をご提供することが可能です。

 

【PFC-FDに含まれる「サイトカイニン」「成長因子」】

PDGF-a/b 血小板由来増殖因子 :血管新生や細胞増殖を促進する

TGF-β 形質転換成長因子 :線維芽細胞やコラーゲン合成を促進する

bFGF 線維芽細胞増殖因子 :線維芽細胞の増殖と血管新生を促進する

VEGF 血管内皮細胞増殖因子 :血管内皮細胞の増殖や血管新生を促進するEGF 

上皮細胞増殖因子:他成長因子の効果を増強させる

 

凍結融解胚移植スケジュール中にPFC-FDを溶解して子宮内に注入し、内膜が十分な厚さになったことを確認した後に融解胚移植を実施します。移植周期の生理開始時より10日目頃、12日目頃の2回行います。

 

保険適応外の治療法のため、1回目のみ行う方は14万8500円、2回行う方は17万500円になります(2021年10月現在 消費税込み)

感染症や合併症などによりこの治療法が禁忌になる方もおられますので、担当医にお尋ねください。