女性の肥満は着床率、妊娠率、出生率の低下と関連しているという報告はよくみられます。

 

今回ご紹介する論文は女性のBMIが正倍数性胚移植後の流産のリスク増加と関連しているかを検討しています。

 

着床前診断(PGT-A)後に正倍数性胚を移植した3,480周期を以下の4つのグループに分けて比較検討しています。

 

低体重(BMI:<18.5、n=155)

正常体重(BMI:18.5-24.9、n=2,549)

過体重(BMI:25-29.9、n=591)

肥満(BMI:≧30、n=185)

 

各グループ間で受精率、正倍数性胚率、移植胚数、卵巣刺激方法、PGT-Aの適応症、母体年齢、総運動精子数に有意差はみられませんでした。

 

(A)     BMIを使用したPGT-A後の着床率(IR)、妊娠率(PR)、臨床妊娠率(Clinical PR)、移植あたりの出生率(Live Birth rate)

肥満女性は出生率が悪化する傾向が確認できます。

 

(B)     BMIを使用した正倍数性胚の流産率

BMI30以上の総流産率、臨床流産率が有意に増加しています。

 

 

以上から移植する胚が正倍数性の胚であってもBMIが高いと流産のリスクが高まることが示唆されました。

 

肥満による流産率が上昇する理由についてどのようなメカニズムがあるか不明ですが、本報告では着床後の子宮・胎盤への障害が胚発生に影響を与えるのではないかと推測されています。(1)

 

また、本論文はPGT-Aを行った流産率の比較です

PGT-Aを行っていない場合の流産率の比較については別の論文ですが、

BMIが正常(BMI<25:n=1,7146)で流産率10.7%

肥満(BMI≧30:n=3800)で流産率13.6%と肥満女性で有意に流産率が増加するという結果になりました。(2)

 

たとえ胚の染色体数が正常であっても、他の要因1つで流産や出生率に影響がでてしまうことから、妊娠・出産がいかに厳密なバランスの上で成り立っているかを痛感させる報告でした。

 

参考文献:(1)Female obesity increases the risk of miscarriage of euploid embryos

         Fertility and Sterility November 30,2020

       (2)Does Obesity Increase the Risk of Miscarriage in Spontaneous Conception:          A Systematic Review

         Semin Reprod Med 2011; 29(6): 507-513