DHAといわれると動脈硬化予防や脳機能改善の効果があると一時期話題になりました。

 

DHAはオメガ3脂肪酸の仲間で人体では主に脳、目、精巣に多く蓄えられています。

脂肪酸は細胞膜の構成に欠かせません。

飽和脂肪酸で細胞膜を構成すると硬い細胞膜になってしまいます。

一方オメガ3脂肪酸で細胞膜を構成すると柔軟性のある細胞膜になり、これが動脈硬化予防になります。

 

オメガ3脂肪酸は生殖医療の分野でも精子に良い影響を与えるという論文は多々見られましたが、どのように作用しているかは不明でした。

今回ご紹介する論文はDHAがどのようなメカニズムで精子に影響があるかを調べたものです。

 

この報告ではDHAを含む細胞膜を作るための酵素を遺伝的に作れなくしたマウス(ノックアウトマウス)と正常なマウスで精子の形成の比較を行っています。

 

 

結果は上図のように精子形成に異常が見られました。

精子形成後期の細胞質除去がノックアウトマウスでは上手く行われず、余った細胞質が絡まって折れ曲がったのではないかと考察されています。

 

またこのノックアウトマウスを用いて人工授精を行った結果、受精率が0%、精子の奇形率90%と重篤な不妊を呈しました。

 

DHAは主に青魚に豊富に含まれています。

これを機に日々の食事に魚料理を取り入れてはいかがでしょうか。

 

参考文献:

Lysophosphatidic acid acyltransferase 3 tunes the membrane status of germ cells by incorporating docosahexaenoic acid during spermatogenesis

J. Biol.Chem. vol292 p12065-12076 July 21,2017